金博洋[キン・ハクヨウ] 四大陸選手権2020 ショート演技 (解説:英語)

韓国・ソウル(Seoul)の木洞アイスリンクで開催された国際競技会「2020年四大陸フィギュアスケート選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2020)」、中国代表-金博洋[キン・ハクヨウ]/ボーヤン・ジン(Boyang JIN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2020年2月7日
曲名:シネマティック・ポップ&スペンサー・ジョーンズ 「First Light」   (First Light by Cinematic Pop feat. Spencer Jones) [振付:ローリー・ニコル] 
技術点:54.23
構成点:41.60
合計:95.83

Prologue
Cinematic Pop

韓国・ソウル開催、2020年四大陸フィギュアスケート選手権の出場選手、日程・結果、動画リンク。男子シングルは羽生結弦が優勝、 鍵山優真3位、友野一希7位。女子シングルは紀平梨花が優勝、樋口新葉4位、坂本花織5位。

(英語)

(英語 日本からの視聴不可)

『金博洋[キン・ハクヨウ] 四大陸選手権2020 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (10件)

  • 1
    moon  2020/02/08(土) 00:47:08  ID:d54d1f747

    ステップ、腕の使い方が雑でちょっともったいないけど素晴らしいですね

  • 2
    ゴロゴロ  2020/02/08(土) 11:30:16  ID:330b1d6c5

    ジャンプ以外の部分が上手くなりましたね〜!ジャンプは高い。3Aの着氷がチョッと・・・だけで良かったです。

  • 3
     2020/02/08(土) 13:52:22  ID:748dfe686

    練習では4Lzのコンボも綺麗に決まってるし
    フリーも頑張れ!
    衣装が変わったね

  • 4
    こいし  2020/02/08(土) 16:36:34  ID:a93b9bc4a

    スケーティングと身体の動かし方が綺麗になりましたね~
    ステップに感動しました
    ジャンプの着氷が流れればもっとGOEがつくと思います
    フリー加油!

  • 5
    ボーヤン.  2020/02/08(土) 17:42:59  ID:19e6cd8ef

    中村玉~いやボーヤン選手でした。
    衣装が洗練され、動きしかり。SPから4LZなんて彼だけかな。

    なんだか気まぐれだけど以前のやんちゃな粗削りも好きなんです。
    中国男子の星となれば北京までは重大なお役目がプレッシャーに

    ならないよう。4Aの可能性となればこれまた楽しみ。

  • 6
     2020/02/11(火) 15:50:16  ID:f809ef2c7

    ボーヤンのフリー…
    抜けが残念だっただけでフリーも悪くなかったです
    ずっと4Lz入れてますもんね
    4サルはジュニアの時からコンビネーションで入れていたので
    得意だったはずなのでワールドこそ!
    リショーさんのプログラムはボーヤンに合っていいなと思います。

  • 7
    こいし  2020/02/18(火) 22:54:20  ID:30cc7ac08

    フリー
    ジャンプが抜けて音楽に遅れたのか、ステップの振付が省かれていました
    ワールドでうまくはまるといいんですが
    努力しているのが毎回はっきり見えます
    エッジワークが綺麗になったなぁ

  • 8
    nekonoko  2020/02/21(金) 03:09:07  ID:4aa3c7102

    ボーヤンの4ルッツが大好き!
    大好きなボーヤンだからこそ言わせてください。
    シニアに上がってからここまで演技構成点が伸びないなんて。。。北京オリンピックまで時間がなくなってきました。
    そろそろ本腰入れて演技構成点を伸ばせるようにしないといけないと思います。二人のコーチも良さそうな人で好きですが、海外に拠点を移すとか、もう一度クリケットでトレーシーについて羽生さんやジェイソンと一緒にトレーニングすることを考えるとか。。もう本当になんとかしてあげてほしい。しっかり徹底的にその道のプロに指導してもらえば演技構成点は伸びるはずです!
    それからジャンプに安定性が出てくればオリンピックでメダル取れるはず。今の状態ではメダル候補にも入れないと思います。
    がんばれー天天!!

  • 9
    こいし  2020/04/28(火) 19:37:43  ID:e6ef88f7b

    この試合で壁接近はほぼ克服してみたいだったのでワールドに期待していました
    単に鑑賞している立場からは、PCSのつけ方は選手によって違うように見えます
    客観的に見たら上手くなっているのだから個人的にはもっと伸びていいのにと思いますが、選手ごとにジャッジの基準があるのでしょうね
    ボーヤンに関してのみ言うと、ジャンプを決めて演技を纏め続ければ上がると思います
    プロトコルを見ると安定しないので上げたいのに上げきれないような感じを受けます
    四大陸で演技に光が見えましたが
    今年中に国際試合が開催されるかも不明瞭
    世界の状況が落ち着くことを願うばかりです

  • 10
     2020/07/24(金) 12:15:21  ID:a70fb9a46

    ボーヤン君はお母様とのことも考えてのことだったと思うけれど
    一人っ子じゃなかったかな
    あの跳び箱ジャンプのトレーニングは織田君も現役時代やっていた
    着々と練習を積んできっと大活躍すると思うなぁ、北京を視野に。
    オリンピックが無事に開催出来ますように