Currently set to No Index
Currently set to No Follow

新田谷凛 アジアフィギュア杯2014 ショート演技 (ホームビデオ撮影)

新田谷凛 アジアフィギュア杯2014

2014年台湾の台北(Taipei)で開催された国際競技会「アジアフィギュア杯(Asian Open Figure Skating Trophy 2014)」、日本代表-新田谷凛(Rin NITAYA)
のショートプログラム演技の動画です。


Date:2014年8月7日
曲名:カルロス・ガルデル タンゴ音楽「ポル・ウナ・カベーサ」   ~ フリアン・プラサ タンゴ音楽「パジャドーラ」  (Por una Cabeza by Carlos Gardel and Alfredo Le Pera performed by Tango Project + Payadora by Julian Plaza)
技術点:34.87
構成点:23.68
減点:1.00
合計:58.55

Scent Of A Woman: Original Motion Picture Soundtrack
Thomas Newman


En Vivo En El Colon
Orquesta Del Tango De Buenos Aires


『新田谷凛 アジアフィギュア杯2014 ショート演技 (ホームビデオ撮影)』へのコメント (7件)

  • 1
    クリスタル  2014/08/13(水) 13:30:19  ID:2a517492d

    新田谷選手減点1と有りますがどこでしょうか… 演技の方は最初のコンビネーションジャンプはクリーンに回っているように見えました ノーミスで出来としては良かったのですが課題としては全体的なスピードとエッジワークはもう少し改善されるとさらに良いですね ただもっと残念なのはカメラがピンボケしているところですね… 本当最近の日本の選手は好調な滑り出しですね!!!

  • 2
    のの  2014/08/13(水) 14:27:44  ID:b08154347

    減点1わかりませんでした。ジャンプはすべて成功で良かったと思います。
    カウンタからの2A凄いですね。ジュニア、ノービスの子供達のアクセル上手いですね~驚きです。
    Lzの時に人が横切ってる~人が通るし~残念
    スピードはありませんが優雅で良かったと思います。曲にぴったりですね♥
    知子ちゃんを始め平昌の選考は凄いことになりそうですね。

  • 3
    のの  2014/08/13(水) 15:01:28  ID:b08154347

    スピンが綺麗ですね。得意なのかな。

  • 4
    ジャガミカン  2014/08/13(水) 19:58:00  ID:49d8e305a

    衣装が良いですね。
    スタイルが良いと思うんですけど、さらに引き立たせる感じです。
    全体的にシニアに上がったばかりのキムヨナっぽいですね。
    これは褒め言葉です。
    シニア上がりのころのキムヨナは良かったんですよ。
    ただ昔のキムヨナもこの子も姿勢は良い感じですが、エッジワークがいまいちなんですよね。
    ジャンプやスピンの入りがけっこう難しい入り方してるように見えますね。
    スピンのポジションがビッシと決まっているので全部レベル4でしょうね。
    なんというかすごいですね。
    減点はタイムオーバーですかね?
    オーバーしてるようには思えないですけどね。
    日本の時代がまた始まった感じですね。

  • 5
    のの  2014/08/13(水) 20:34:26  ID:b08154347

    タイムオーバーですか。ありがとうございます。
    優雅な動きや曲の関係でしょう。チョツト長いかな~という感じですね。
    スピンの印象が強かったです。
    ルッツが見えなかったのが残念でした。人が・・・(涙)

  • 6
    S  2014/08/15(金) 21:54:07  ID:b804ade39

     ちょっと見ない間に、えらい洗練されてきたなぁ。今井遥みたいに、海外の大会で「ラブリー、凜」とか紹介されそう。
     年末の全日には必ず出てきてほしい。一気にフアンが増えること間違いなしでしょう。

  • 7
    エッジ  2014/08/18(月) 02:09:13  ID:1c897fdd2

    FCSpがレベル1なんだけど、理由が分からない。キャメルアップワード
    が認められないのは仕方ないとして、少なくともレベル3だと思うのだけれど。
    印象として、全体的にちょっとスピードがないかもしれない。やるべきことはできているんだけど、情感も表現できている(ピンボケで見えないけど、たぶん)けど、スピード感がないので、他のライバルと比較してちょっとモッサリとした感じを受けました。女子はジュニアからシニアになると、どうしても体が重くなってスピード感が失われていくので、この年代なら、もっとスイスイとした滑りが見たいと思いました。
    あと、3T+3Tは、高さや幅はないけれど、うまくまとめていると思いました。さらに加点をもらうには、やはりスピードと流れでしょうね。