アダム・リッポン スケートアメリカ2008 ショート演技 (解説:ロシア語)

アダム・リッポン スケートアメリカ2008 

2008年グランプリシリーズ第1戦、アメリカのエヴェレット(Everett)で開催されたスケートアメリカ(Skate America 2008)、アメリカ代表-アダム・リッポン
(Adam RIPPON)の
ショートプログラム演技の動画です。


Date:2008年10月25日
曲名:ヨハン・セバスチャン・バッハ 「G線上のアリア」 ~ ヴァネッサ・メイ 「ストーム」Storm - The Best of Vanessa-Mae (“Air on G String” by Johann Sebastian Bach + “Storm” by Vanessa Mae)

技術点:29.90
構成点:30.70
減点:1.00
合計点:59.60

B000007TEWStorm
Vanessa-Mae


ベスト・バッハ100


2008年ISUグランプリ スケートアメリカ 出場選手一覧&結果

『アダム・リッポン スケートアメリカ2008 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
    あいうえおおおお  2008/10/25(土) 23:55:44  ID:2e6310bd7

    3Aが苦手みたいだけどルッツとフリップがめちゃきれーやね。リッポンぼん。
    ルッツのクリーンな踏切と着氷の見事さに、は~ってためいきついちゃったよ。
    フリップのエントランス!そこのあなた見てます?
    これこそが教科書的なフリップだよん。エルドリッジを思い出した~。
    スケーティングがとっても美しいのでバトルみたいになってほしいな。
    で、な~んかステップが高橋君に似てると思ったらコーチはあいつか~
    びみょー

  • 2
    舟歌  2008/10/26(日) 01:54:07  ID:d5e8fdbc7

    すごいイケメンスケータですね。
    最近は、
    ランビエール選手
    高橋選手選手
    ジュベール選手とかかっこいいなーって思ってましたが。