Currently set to Index
Currently set to Follow

浅田真央 全日本選手権2007 フリー演技 (解説:日本語)

浅田真央 全日本選手権07 FS

2007年大阪府の門真市で開催された第76回全日本フィギュアスケート選手権大会、中京大中京高校所属-浅田真央 (Mao ASADA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2007年12月28日
曲名:フレデリック・ショパン  「幻想即興曲」  (Fantaisie-Impromptu in C-sharp minor, op.66 by Frederic Chopin performed by Louise-Andr���e Baril)
技術点:70.25
構成点:62.16
合計:132.41

女子シングル・フリー得点詳細(日本語) / (英語)
女子シングル・フリージャッジスコア(日本語) / (英語)
女子シングル総合結果(日本語) / (英語)

B003HZ154ASonate, Polonaise brillante, Fantaisie-Impromptu, Nocturnes, Valse
Thérèse Motard (Chopin) Louise-Andrée Baril

大阪開催、第76回全日本フィギュアスケート選手権(2007年)の日程、結果、出場選手。女子シングルは浅田真央が2連覇、男子シングルは高橋大輔が3連覇を達成。*エキシビションでノービスA優勝羽生結弦(13歳)が出演。


(インタビュー)

『浅田真央 全日本選手権2007 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
    真央ちゃんの3-3  2013/12/12(木) 10:20:17  ID:ec866b373

    なつかしい。真央ちゃんも美姫ちゃんも3-3を回転不足も取られず、バンバン決めていたんですよね。この頃の真央ちゃんのジャンプ、高さがあってとってもきれいですね。アルトゥニアンコーチにバンクーバーまでずっと師事していたら、バンクーバーではキム選手を抜くような、すばらしい3Aと3-3も飛んだのではないかと想像してしまいました。今の真央ちゃんもすばらしいですが。