Currently set to Index
Currently set to Follow

安藤美姫 全日本選手権2007 ショート演技 (解説:日本語)

安藤美姫 全日本選手権07 SP

2007年大阪府の門真市で開催された第76回全日本フィギュアスケート選手権大会、トヨタ自動車所属-安藤美姫(Miki ANDO)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2007年12月27日
曲名:カミーユ・サン=サーンス 「サムソンとデリラ」 (Samson and Delilah by Camille Saint-Saens)
技術点:38.24
構成点:30.44
合計:68.68

女子シングル・ショート得点詳細(日本語) / (英語)
女子シングル・ショートジャッジスコア(日本語) / (英語)
女子シングル総合結果(日本語) / (英語)

B000026HYFSym 3/Danse Macabre/Carnival
C. Saint-Saens

一方、世界女王の安藤もプログラムの冒頭で3回転-3回転のコンビネーションジャンプに成功。その後も無難に進めたが、最後のスピンでミスを犯し、演技終了直後には首をかしげた。それでも、取材陣との対話で「疲れてしまったわけではなくて、3-3が跳べて楽しくなり過ぎて気合いが入って突っ掛かってしまった」と説明する顔には、苦笑いこそあったものの深刻な迷いや後悔の表情はなかった。モチベーションの低下に悩んでいたため、4位に終わったNHK杯後はウオーミングアップにイメージトレーニングを取り入れるなど工夫をこらし「どれだけ試合を楽しめるか」に重点を置いてきたという。実際、演技中にも笑顔が見られるなど、首位こそ譲ったもののきっちりと2位に付け、復調を印象付けた。

(スポーツナビより抜粋)

大阪開催、第76回全日本フィギュアスケート選手権(2007年)の日程、結果、出場選手。女子シングルは浅田真央が2連覇、男子シングルは高橋大輔が3連覇を達成。*エキシビションでノービスA優勝羽生結弦(13歳)が出演。


『安藤美姫 全日本選手権2007 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
    大大吉  2013/01/10(木) 16:20:50  ID:dd2ced56e

    3:51~
    このくらい足りない例は、男子でも見られます。
    この方が3-3は跳びやすくなります。