パトリック・チャン フランス大会2008 フリー演技 (解説:ロシア語・カナダ英語・イギリス英語)

パトリック・チャン フランス大会2008 フリー

2008年グランプリシリーズ第4戦、フランスのパリで開催されたエリック・ボンパール杯(フランス大会-Eric Bompard Cachemire 2008)、カナダ代表-パトリック・チャン
(Patrick CHAN)のフリースケーティング演技の動画です。

英語の映像はカナダCBCで放送されたものです。実況はBrenda Irving、解説はカート・ブラウニング(Kurt Browning)です。


Date:2008年11月15日
曲名:セルゲイ・ラフマニノフ 『チェロ・ソナタト短調 作品19』より「アレグロ・スケルツァンド」 ~「アンダンテ」  ~ 『ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18』より「アレグロ・スケルツァンド」 (Allegro Scherzando & Andante from Cello Sonata in G minor, op. 19 + Allegro Scherzando from Piano Concerto #2 in C minor, op.18 by Sergey Rachmaninov)

技術点:79.80
構成点:76.90
合計:156.70

B0014465GOラプソディ
ラフマニノフ モンテーロ(ガブリエラ) カピュソン(ゴーティエ)

B00000427LPiano Concertos 1-4
Sergey Rachmaninov London Symphony Orchestra

2008年ISUグランプリ エリック・ボンパール杯(フランス大会) 出場選手一覧&結果


(ロシア語)



(カナダ英語)

(イギリス英語)

『パトリック・チャン フランス大会2008 フリー演技 (解説:ロシア語・カナダ英語・イギリス英語)』へのコメント (7件)

  • 1
    ぽぽ  2008/11/16(日) 01:54:05  ID:9509e23ec

    待ってました。
    管理人様ありがとうございます。
    迫力あるジャンプ、スケート、演技ですね。
    小塚君とは体の使い方で差がでたかなって思いました。
    今年はバトル、ランビエールとイケMEN2トップが引退発表して
    どんなに寂しいシーズンになるかと思いましたが、
    アメリカ大会からいきなりの世代交代?!で
    男子シングルはすごく楽しいです。
    女子は真央ちゃんかヨナちゃんか?
    でほぼ決まってるし。
    そこに絡むのは今年は誰?くらいしか・・・。

  • 2
    pitoko  2008/11/16(日) 02:26:03  ID:025841853

    なめらかで、のびやかですね~
    熟年っぷりが洗練され、好感の持てる演技です
    ジャンプの失敗も吹き飛ばすPCSでの高得点
    2連勝・・・納得できます
    プレ五輪シーズン
    男子は、ランビとバトルの電撃現役引退での幕開けで
    気の抜けた感がありましたが
    次世代の活躍で面白くなってきました

  • 3
    もへ  2008/11/16(日) 02:50:43  ID:aee4149fa

    管理人さま、いつもありがとうございます。
    お休みになれているのか、心配です。
    本当になめらかで伸びやかですね~。
    そしてジャンプの回転が速い(速く見える)。
    後半にバランスを崩しているところでは、勢いがつき過ぎているようなそんな印象ですけど、とにかくスピードもすごいですね。
    ・・・5:12あたりで、ヘンなポーズしてません???
    鳥みたいなヘビみたいな。
    そういうスピンもおもしろいかもしれませんね(誰もしないでしょうけど)。

  • 4
    あゆみ  2008/11/16(日) 03:09:58  ID:0fc8e622b

     管理人様今日もありがとうございます。
    つなぎの部分も手を抜かず、流れるようなスケーティング。力強さと美しさの両方を兼ね備えたすごくいい演技ですね。惚れました
    本当に若手が台頭してきておもしろくなってきましたね。
    今後の活躍が楽しみです。

  • 5
    もへ  2008/11/16(日) 03:21:45  ID:aee4149fa

    すみません。
    先ほどの発言の後半の部分、取り消させてください。
    一生懸命演技している選手の方に対して、失礼でした。
    申しわけありません。

  • 6
    トット  2008/12/05(金) 02:15:23  ID:153f5833f

    昨年のエリック杯のときのパトリックを偶然見て、ダイヤの原石を見つけたような気がしたものですが、1年でこんなに成長するとは思いませんでした。
    流れるようなスケートに力強さ、スピード、繊細な足さばきも魅力ですけど、
    何といっても音の一つ一つを全て体で表現しているのは、パトリックだけだと思います。
    引退したバトルのスケーティングの美しさとよく比較されますが、
    彼にない力強さがあります。
    これでまだ17歳なんて...
    ジャンプ以外の部分も全然飽きないです。
    グランプリファイナルでは、2度目のトリプルアクセルも決めて
    表彰台を目指してほしいです。
    今後の成長が楽しみです。

  • 7
    大大吉  2013/06/03(月) 16:37:17  ID:cc98301b7

    なんか、待ってましたとばかり叩いてやろうというコメばっかだな。
    記憶しとこっと。
    第3楽章もこんな書き方するんだな。
    ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
    色んなのが含まれるって言ったから
    荒川さんばりのクロスとスケーティングに最高級のエレメンツ
    感動スペタクルロマン ドラマチックまおまお

    くるだろう
    ノクターンも当然さらなる 振付の工夫をしているだろう
    ノクターン=夢見るような心もちを表した優雅な曲
    よりエレガントノクターンになって戻ってくるだろう
    もとい、
    Pチャン、の3Aって昔は深く踏み込んでいたんだな
    Pチャンのプロ何だろう。
    なんかこう迫りくるような音楽が合ってるかな。
    ファンの望みは、すべてを出し尽くしやりきってうんうんと頷く、選手の笑顔がみたい
    それだけだ