Currently set to No Index
Currently set to No Follow

エゴール・ルヒン JGPブラチスラヴァ2018 ショート演技 (解説:英語)

スロバキアのブラチスラヴァ(Bratislava)で開催された国際競技会「ジュニアグランプリシリーズ第1戦ブラチスラヴァ2018(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Bratislava 2018)」、ロシア代表-エゴール・ルヒン(Egor RUKHIN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年8月23日
曲名:トム・オデール 「センス」   (Sense by Tom Odell)
技術点:31.82
構成点:29.78
減点:1.00
合計:60.60

ロング・ウェイ・ダウン
Tom Odell

『エゴール・ルヒン JGPブラチスラヴァ2018 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    yuria  2018/08/24(金) 09:45:28  ID:211fabb36

    弱いなあ・・
    期待していなかったけど(すみません)

    ジャンプがあがんない。
    膝も使えてないし。
    こんなんじゃエテリに見切られちゃうよ!

    って、文句ばっかだけど。
    もっと強くなってよ、ロシア男子!!

  • 2
     2018/08/24(金) 11:03:32  ID:c665cea91

    シットスピンは、シットポジションが浅すぎてノーカンになっちゃったのかな?以前ポリーナ・エドムンズもシットポジションを認めてもらえずノーカンになり、抗議したことがありましたが、その比ではない浅さだと思いました。こういうのってコーチはちゃんと注意してあげないんですかね・・・?