Currently set to Index
Currently set to Follow

ロシア杯2020第1ステージ 女子シングル フリー演技 (解説:ロシア語)

ロシア・シズラニ開催、ロシア国内競技会 ロシア杯2020第1ステージ、女子シングル フリー演技の動画です。各選手の使用楽曲とタイムライムもご紹介していきます。

基本情報

大会名:ロシア杯2020第1ステージ
(露語:Кубок России – Ростелеком 2020-2021 гг., 1-й этап)
種目:女子シングル フリースケーティング
日程:2020年9月20日(日) 現地時間14:40~
場所:ロシア・シズラニ シズラニアリーナ
結果URL:FS得点詳細(英語*)| FSジャッジスコア(英語*)| 総合結果(英語*)

結果URLはロシア語、英語はGoogle機械翻訳

女子シングル フリーの動画

ライブ配信2020年9月20日(日)20:35~

@ Первый канал

タイムライン

Time 名前 FS曲名 FS得点
第1グループ6分間練習
6:04 Victoria YUSHCHENKOVA 『生きる~DARE TO LIVE~』byアンドレア・ボチェッリ&ラウラ・パウジーニ 82.76
14:00 Sofia SARNOVSKAYA チャーリー・チャップリン 89.26
21:47 Stanislava MOLCHANOVA 『Rain In Your Black Eyes』byエツィオ・ボッソ 92.06
29:08 Arina ONISCHENKO 『スペイン組曲』byイサーク・アルベニス 94.38
第2グループ6分間練習
42:53 カミラ・スルタンマゴメドワ
(Kamila SULTANMAGOMEDOVA)
スカイフォール」byアデル 114.85
50:35 マリア・タラライキナ
(Maria TALALAYKINA)
映画『マレフィセント』 118.40
57:50 アンナ・フロロワ
(Anna FROLOVA)
◆2位◆
『Unconditioned, Following a Bird “Out of the Room”』 by エツィオ・ボッソ 137.82
1:05:06 アンナ・シェルバコワ
(Anna SHCHERBAKOVA)
◆優勝◆
『Morning Passages』byフィリップ・グラス 164.27
1:13:58 マイア・フロミフ
(Maiia KHROMYKH)
◆3位◆
映画『レッド・バイオリン』 123.34

単独動画

総合1位 FS1位 アンナ・シェルバコワ

得点:164.27(技術点:90.03、構成点:74.24)

総合2位 FS2位 アンナ・フロロワ
得点:137.82 (技術点:71.58 、構成点:66.24)
総合3位 FS3位 マイア・フロミフ
得点:123.34 (技術点:61.02 、構成点:64.32、減点:2.00)
総合4位 FS4位 マリア・タラライキナ
得点:118.40 (技術点:56.88 、構成点:61.52)
総合5位 FS5位 カミラ・スルタンマゴメドワ
得点:114.85 (技術点:61.49、構成点:53.36)

『ロシア杯2020第1ステージ 女子シングル フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (3件)

  • 1
    ツキ  2020/09/21(月) 21:52:17  ID:81fa3d13f

    管理人様、ありがとうございます。

    シェルバコワ選手、おめでとうございます。(当然か。)

    まずはクワッドですけどね、先週テストスケートで披露したクワッド数が開く選手の五輪で何とか披露できる本数だと思っています。
    転倒覚悟で入れるのであれば別ですけど、少なくともノーミスを避けて代表入りとメダルを狙うならばそれくらいでしょう。
    五輪までの17ケ月の間、多回転を入れる予定の選手のうち現実味があって、かつ体型変化をほぼほぼ終えているのは紀平選手だけですから他の選手は体型変化にも合わせて行かないといけませんね。

    シェルバコワ選手は繋ぎが少なめになりましたですね、仕方ないけど。
    お衣装はFSも素敵ですけど、ピンクが…この色目でもいいけどもう少し透明感のある感じに出来なかったかな?年齢がいっている感じですね。

    フロロワ選手、200点越えおめでとうございます。ロシアンボーナス得点で…と思ったら彼女はボーナス得点もらってなかったのですね。

    フロミフ選手、身長が伸びて苦戦中ですね。少なくとも160の後半は行きそうなので何とか調整して行って頑張ってね。
    フロミフ選手は158㎝のメドベデワ選手を実際に見て、画面で見るより小柄と言っていましたから今回の表彰台から比較すると164~5はある感じですね。

    メドベデワ選手とトルソワ選手は同じくらいに見えましたから、シェルバコワ選手はそれより1~2㎝低いぐらいでしょう。そしてシェルバコワ選とワリエワ選手が同じくらいに成長していますね。155・6~7ぐらいでは?横も肩から背中、胸元あたりが張ってきましたから来季が…。

    そしてこれだけ身体が成長してもなお多回転を成功させて五輪金をもぎ取れば、それは歴史的一ページですね。その際は惜しみない拍手を送ります!!!

  • 2
    ジャガミカン  2020/09/22(火) 11:31:12  ID:f124d0aed

    シェルバコワは去年より、体がしっかりとした感じで、スケーティングとスピンはしっかりしたけど、ジャンプがかなりやばめですね。
    たぶん以前より体が大きくなったので回転速度が、ほんの少し遅くなって、意識としては早く回らないとという感じが、氷離前に回りすぎて、結果としてすごく悪循環。
    元々氷離前から、回り始めてたけど、テストスケートも今回もかなり回ってる。3-1-3の3Sなんて2Sに見えるし、URじゃなくてDGじゃないかと思います。セカンド3Loもかなり怪しいジャンプになってしまった。
    表現面は良くなっているのは間違いないのですが、苦肉の策なのかジャンプを跳ぶためにつなぎを減らす選択をするしかないし、これで良いのか、少し疑問ですね。
    ただし、4Fにしたのは正解ですね。4Lzは去年に比べて、かなり怪しすぎるジャンプになってしまったので、一部の観客からクレームがきそうです。フリップは氷離前に少し回転しててもルッツほど問題にならないし、エッジの怪しさ問題もあるから、できれば4Fを頑張ってほしいです。
    まぁ個人的な意見としてはジャンプの跳び方を改善した方が良いかなぁという印象です。早く回転するイメージじゃなくて、怖いと思うけど助走を早くして推進力にするとか、高く跳ぶ以外に方法ないと思うんですよね。トゥ系のジャンプで沈み込んで、ぶん回すような感じもあまり良くないし、キレイなジャンプを跳ぶトゥルソワ、コストルナヤ、ワリエワと比べると、いまいちな感じがしてしまう。
    ただシェルバコワは節制してる限り、これ以上は体が大きくなるわけじゃないと思うので、このまま突き進むのが現実的という結論になっちゃうんでしょうね。
    長々と文句言ってるようになってるけど、シェルバコワには頑張ってほしいです。

  • 3
    ❤(^^♪ファントム⛸⛸✨❄✨❄✨  2020/09/22(火) 12:54:06  ID:9fe3b9ec8

    審査は踏み切り時が基準になっていまーす(^^/

    一般の人は離氷時でみちゃってまーす(^^/