パク・ソヨン ロステレコム杯2014 フリー演技 (解説:イギリス英語・カナダ英語)

パク・ソヨン ロステレコム杯2014 

2014年ISUグランプリシリーズ第4戦、ロシアのモスクワ(Moscow)で開催された「ロステレコム杯(2014 Rostelecom Cup ISU Grand Prix of Figure Skating)」、韓国代表-パク・ソヨン
(So Youn PARK)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2014年11月15日
曲名:アベル・コジェニオウスキ 映画「ロミオとジュリエット(2013年)」 (Come, Gentle Night (from “Romeo and Juliet” soundtrack) by Abel Korzeniowski +
The Check of Night (from “Romeo and Juliet” soundtrack) by Abel Korzeniowski +
A Thousand Times Good Night (from “Romeo and Juliet” soundtrack) by Abel Korzeniowski)

技術点:56.57
構成点:52.96

合計:109.53

Romeo and Juliet
Original Soundtrack

  • ロステレコム杯2014 選手一覧&結果
  • (イギリス英語)


    (カナダ英語)


    (カナダ英語 キス&クライ)

    (解説なし)

    『パク・ソヨン ロステレコム杯2014 フリー演技 (解説:イギリス英語・カナダ英語)』へのコメント (12件)

  • 1
    ジャガミカン  2014/11/15(土) 21:33:33  ID:a6a47ed3c

    頑張りましたね。
    パクさんは中途半端でおしいですね。
    前回よりもキムヨナっぽさが無くなってしまった。
    何処目指してるのかわからないですね。
    前回はキムヨナを目指すのかなと思いきや、今回はそれほどでもない。
    キムヨナの上半身の動きはもっとシャープなんですよね。
    そんでもって神経が指先まで行き届いてるんです。
    そこは真似するべきところなんですけどね。
    あとはスピンがぶれすぎです。
    ちゃんとスピンが出来る素養があるのに、なぜかブレる。
    おまけに演技の印象が、40代になったロミジュリって感じなほど、重く、もっさりしてる部分が目立ちますね。
    あとコレオシークエンスはどこにあったと思うくらい、コレオが微妙ですね。
    ジャンプが決まって、特に後半の2A-3Tと2Aは良かったんですよね。
    でもコンセプトがロミジュリなのかキムヨナなのか定まっていないですね。
    この辺が定まらないと中途半端感がすごいあります。
    キムヨナ風で行くにしても、パクさんのオリジナルで行くにしても、もっと練習が必要ですね。
    見たところ韓国女子ではパクさんが一歩リードしてるでしょう。
    すごく頑張っていると思うのですが、はっきりとしたコンセプトを持って、もうちょっと頑張ってほしいですね。

  • 2
    クリスタル  2014/11/15(土) 21:43:15  ID:1d6c66063

    演技を見ましたがフリップの入り方がヨナさんそっくりでしたね やっぱりループは苦手なんでしょうかね… ただ彼女の場合はヨナさんっぽいとことそうじゃないとこがあるみたいで完コピはさすがに無理だった様ですね… 韓国のスケートの教え方がどうしてもヨナさんを基本にといいますか真似といいますか他の国では考えられない教え方のようですね… 韓国選手権なんてどんな風になっちゃうんでしょうかね…

  • 3
     2014/11/15(土) 22:22:48  ID:3f0b3fd8f

    韓国はフィギュアが盛んとは言えないので、韓国のフィギュア界総出で選手を育てているのでしょうかね。それが、韓国選手の演技が似る要因では?
    今回はその印象が少なかったのですが、アメリカより重たい感じが…
    刺されることが少ない選手ですが、今回は刺されましたね。
    刺されてもジャンプの安定は相変わらず素晴らしいので、そこを強みにしていきたいですね(^^)

  • 4
    l'eau  2014/11/15(土) 23:28:02  ID:caf93aa3d

    殆どの韓国選手はキム選手に倣って
    ジャンプの入りもコレオも、スピンバリエーションまでそっくりな印象ですが 
    まぁ依頼されてるウィルソンの引き出しが選手に合わせてというより
    こと韓国選手の振り付けに関して
    量産型キム太郎飴製造機と化してる感が否めませんが
    ジャンプの踏み分けに関してはむしろキム選手よりよっぽどクリーンな印象です
    でもコンビネーションは3Sからしか出来ないと言うのが不思議ですな。
    前はLo苦手な印象ではなかったのですが、最近決まりませんね。

  • 5
    煮だ  2014/11/15(土) 23:51:08  ID:d214790c9

    今回は、どこを整形したのかな?

  • 6
    小判  2014/11/16(日) 12:07:58  ID:d832a6d48

      2A-3Tが間のびしてひどいですね。3Lzは寝かせて飛び上がるLz。ひとまずあの倒したエッジからどうして飛び上がれるのか前々から不思議です。

  • 7
    37neko  2014/11/16(日) 15:49:25  ID:b8bf06a6a

    整形したのかな、確かに顔がかわったと思いました。
    ジャンプも衣裳もいいけど・・でも、なんか物足りない感じがする・・選手です。 
    長~い助走の3lo は、かの選手と同じく、今後プログラムに入れてこない気がする( 一一)

  • 8
    いよぽん  2014/11/16(日) 16:22:44  ID:fff967f9e

    ジャガミカンさんと同じような意見です。
    せっかく5種類跳べて、LzとFの跳び分けが出来ても、
    1回ずつしか入れられず、コンビネーションに出来ないのが
    もったいないというか、レベルを上げていく方向性があるのか
    昨シーズンから見ていて疑問に思います。
    跳べたところで、どのジャンプもステップから跳べるほどではないので
    ショートではせっかくのルッツも減点される状態です。
    それにヨナの同時期と同じく、ループの確率が落ちていっています。
    ジャンプ前の助走も長く、後半は目立ってつなぎがスカスカ。
    キャメルのキャッチフットで軸足に片手を置くどうみても美しくない
    ポジションは誰も直そうとしないのか不思議です。
    ヘジンに比べてまだポテンシャルはあるはずなのになぁ。
    韓国とキムヨナとウィルソンの「殻」を破れば伸ばせる部分は
    あると思うのでもったいないと思うばかりです。

  • 9
    ひろミミ  2014/11/16(日) 17:32:10  ID:423a6fd45

    演技や衣装もそうですが、直線の軌道で、跳ぶ直前にグギッと倒すルッツ、フラットなフリップ、上手く跳べないループ…、見れば見るほど、キム・ヨナに類似していて怖い。
    悔し涙に驚きました。

  • 10
    Clara  2014/11/16(日) 23:30:02  ID:7c7d2cbe3

    ここまでキム・ヨナに似ていると、モノマネにしか見えなく、点数も出そうとは思えなくならないかなと・・・。
    ジャンプの入りがキム・ヨナと同じですし、苦手な3Lとかもプログラムに入れてるだけマシですが、ミスの仕方まで似てます。
    でも、私は演技よりも整形顔に注目してしまいます・・・・。平行二重の施術の上手さ、韓国で良いとされている唇の整形も。
    あと、コーチの目頭切開と目尻の切開、鼻のプロテーゼなども・・・。すみません、そういう面でいつも注目してしまいます。

  • 11
    boss  2014/11/19(水) 07:09:31  ID:cb29128cb

    解説者言ってるようにジャンプきれいだと思います。
    動きもいいし、技術も優れている。
    ただ、曲がゆったりしているからか、演技が間延びしているように見えるし、スピードがないのが気になる。
    17歳ならまだこれから伸びそう。
    世界選手権までどれだけ上げてくるか注目です。

  • 12
    お茶茶  2014/11/19(水) 14:21:43  ID:314d9fb83

    キムヨナに似てるとは全く思いませんでした。
    ジャンプが自然な感じですね。
    でもとにかく普通。ごく普通。
    何にも伝わってくるもんがなかった。