世界に負けない日本の底力 ~戦いはルール作りから始まっている~ (2014/3/20)

ビーバップ!!ハイヒール

スポーツのルール作りの舞台裏について特集した動画です。
(注)主にモーグル、スキーのジャンプ、バレーボールを取り上げています。


今年2月に開催されたソチ五輪で、日本中がため息に包まれた瞬間があった。それは女子モーグル決勝。自身5度目となるオリンピックにのぞんだ上村愛子選手は、決勝でまさに集大成の滑りを見せる。最終滑走者のミスに、日本中はついに悲願のメダルだと確信。だが、最終滑走者の得点はわずかに上村を上回り、彼女は4位という成績に終わる。これには、上村の最大の武器が力を発揮できなくなった突然のルール変更があった。スポーツ界だけでなく、ビジネス界でもルール作りで劣勢を強いられている日本。今回は、その舞台裏を専修大学客員教授の青木高夫先生が紹介する。

青木先生によれば、日本と海外ではルールのとらえ方が異なり、「ルールは作るもの」と考える欧米人に対し、日本人は「ルールは守るもの」と認識しているという。欧米の場合、戦いはルール作りから始まっており、自国に有利なルールを作ることは当たり前なのだとか。そんな欧米人に対し、日本人アスリートたちはどのように戦ってきたのか?ルール改正と戦い続けてきた日本人アスリートたちの苦難の歴史を紹介。ソチ五輪のスキージャンプで、41歳にして、個人ラージヒルで銀メダルに輝いた葛西紀明選手。スキージャンプでのメダルは長野五輪以来、なんと16年ぶり!その舞台裏には日本人選手のルールとの戦いの歴史があった。戦いは、長野五輪で日の丸飛行隊が金メダルを獲得したときから始まる。日本バッシングともとれるような、たび重なるルール改正と、それに対する日本人アスリートの知られざる苦悩と戦いとは!?2012年に開催されたロンドン五輪で28年ぶりに悲願のメダルを手にした日本女子バレー!ここにも、日本に不利ともとれるルール改正と戦い続けた選手たちのドラマがあった。勝つために、ツーアタックや時間差攻撃など、新たなテクニックを生みだした日本女子バレー。一度は世界の舞台から姿を消した彼女たちの苦難の戦いとは!?スタジオでは、青木先生が「ルール作りの現場に日本人が不在」という問題を解説する。
(以下省略)

(朝日放送「ビーバップ!ハイヒール」公式HP 過去の放送内容より)


『世界に負けない日本の底力 ~戦いはルール作りから始まっている~ (2014/3/20)』へのコメント (23件)

  • 1
    hatikokuyama  2014/03/21(金) 13:01:54  ID:d792bdd6e

    日本はただのバカではないですか。選手が可哀想です。連盟のお偉いさんを全員首にすべきです。フィギュアスケートも同じです。

  • 2
    うるっと  2014/03/21(金) 13:59:07  ID:f45e592b9

    管理人様、UPありがとうございます。
    良いですね。すごくわかりやすいし、タイムリーな内容。
    もっとこの辺をつっこんだ番組があるとよいですね。

  • 3
    yuki  2014/03/21(金) 16:56:40  ID:43eac5d34

    昨夜12時過ぎまで見ていました。他でもコメントしましたが、ジャンプの原田選手の取り消しに至っては、本当にイジメのように陰湿な世界があり、日本はそれに対して何も抗議もしなくて、よく役員の首がつながっているものです。日本の官僚を含め、誰のために組織があるのか聞きたいです。外交官出身の野球のコミッショナーも組合でこき下ろされたものの、解雇はなかったし、日本は役人天国なんですよ。保守の塊の東京でもこんな放送を作って頂きたい。

  • 4
    りか  2014/03/21(金) 17:26:45  ID:fb9e26555

    愛子ちゃんのすべりは素敵なんだけど
    空中姿勢がやはり3位の人より劣っているね・・・・
    残念だけど・・・・しかたないよ。
    あと4年頑張ってみたらどうだ?

  • 5
    かずニャン  2014/03/21(金) 20:02:53  ID:d20960398

    これこれ、これです!!「浅田真央 完璧な演技を」スレで言いたかったのは!!
    yuki様が↑の#66で仰っていた関西限局「Be Bop(綴りはわかりません)」という番組はこれですね!!これで全て見えたのではないでしょうか。
    要するにスケ連の怠慢と「真央いじめ」は本当だったのです。
    でも、真央子のように愛されているスケーターでなければここまであぶりだすことはできないし、真央子を愛するファンじゃなければここまで到達できません。
    真央子の切腹も、決して無駄死にではないのです。

  • 6
    ジャガミカン  2014/03/21(金) 20:11:56  ID:f89240af6

    内容は見ていないですが、おもしろそうなトピックですね。
    日本人が不利になるようになっているのではなく、欧米人が有利になるようにルールを作っているといったところでしょうか。
    ルールは作るものってすごい発想ですね。
    でも私もルールは作るものなような気がします。
    どんなルールも穴があり、守っているだけでは発展しない。
    だけど結局日本人からしてみると、不利になってることに変わりはないんですよね。
    スポーツにしても、政治にしても日本は金銭面で欠かせない割には、弱小国扱いですよね。
    日本の国際的立ち位置って、深く考えれば考えるほど謎ですね。

  • 7
    かずニャン  2014/03/21(金) 20:18:39  ID:d20960398

    ジャガミカンさま、「内容」を是非ご覧ください!!

  • 8
    かずニャン  2014/03/21(金) 20:27:00  ID:d20960398

    真央子にプラチナメダルをあげるプロジェクトに寄付していました!!
    とんでもない額の寄付が集まったようです!!
    参加してよかったです!!

  • 9
    みき  2014/03/21(金) 20:43:16  ID:89157f32c

    一回お金出すのやめてみれば?
    金だけ出して自国の選手が不利になるってただのバカじゃないの?
    日本有利にしろとは言わないけどあからさまな欧米有利には口出ししろよ

  • 10
    かずニャン  2014/03/21(金) 20:49:06  ID:d20960398

    うわ、みき様、びっくりしたけど、その通り。
    だめよ、これ以上真央子に変なことしたら私が許さないわ!!

  • 11
    リリー・ポッター☆  2014/03/22(土) 00:05:35  ID:4090721d2

    いつの間にモーグルがこんなおかしな事になっていたのか・・・一時期競技に準じたズレのない速い滑りが良いと、まともになっていたのに・・・なんじゃこのずり落ちスキーは・・・これやし基礎スキーはクソスキーって言われるねん!!!(失礼いたしました・・・つい本性が・・・^^;)
    カーニーさんは確かにエアは上手いけど今回のボーゲンはなんやねん???ランク1位の女王とは思えへん・・・きっとどこか身体悪かったんやと思うけど、小さい子には見せられへんね・・・(;;)
    むか~し(^^;)競技してた私らから見れば、愛子ちゃんの速いキレキレの滑りが金メダルでした・・・m(__)mありえへんわ、ホンマ・・・
                                 離吏発多

  • 12
    える  2014/03/22(土) 00:51:04  ID:01e63ee36

    動画で言っているレスリングの話が的外れなので、他の話もそれなりですが、最初に出てきた国際スキー連盟は、ISU程ではないですがかなり怪しい組織です。今回のソチでスノーボードのコースが危険だと言うことが何回も取り上げられましたが、この連盟、スノーボード団体がOPに関わるのを認めない方針で、スノーボード団体がコース設計にアドバイスしようとすることを拒否、その結果できたコースが「あれ」らしいです。
    そんな中で、過去にルール変更の標的にされたノルディック複合で日本選手が久しぶりに活躍し、しかもジャンプもクロスカントリーも両方強い2人が以前より少ない時間差をそのまま保って金・銀となり、それが有利であるように競技を進化させました。この進化に日本選手の活躍が影響しているのは間違いなさそうです。こういう国内で一丸となってメダルを目指している競技は一応健全です。
    それに比べてこの番組がそのまま当てはまるスケ連はかなり問題があると思います。ジャッジ批判がテレビ等で起こらない理由は、実はスケ連が指示していると考えると、関係者が判で押したように後付け理由を積み上げている構図も納得できます。本来情報源である国際審判を複数所属させているスケ連がそれを活かさず、どんな判定も全て認めるように持って行くので、それを利用して特定外国選手を不自然に持ち上げる番組ができてしまっているようにも思えます。
    ノルディック複合やスノーボードの団結力と比べるとお粗末すぎて笑いがでるレベルです。ルールを変える事の苦手な国は、団結力が重要な武器ですから。
    手柄は全部自分達のおかげ、失敗は全て選手個人のせい。
    これが現在のスケ連の実態のように思えます。スケ連の指示を断れる「納得」できる理由を即座に提示できる外国人コーチ、これが今後の日本の選手に必要なのかもしれませんね。しかしそれには資金が必要ですので難しそうです。

  • 13
    Belle  2014/03/22(土) 01:06:24  ID:8462e596c

    える様のコメントに同意。
    スケート連盟の体質はいままでこちらのブログの掲示板でも
    繰り返し、多くのフィギュアスケートファンが述べてきました。
    時代錯誤も甚だしい体質は、組織としての進化もなく
    退化の一途をたどっています。
    今後の選手たちの育成もこの方針のままになされていくなら
    フィギュアスケートの人気はファンも去り、斜陽になっていくでしょうね。

  • 14
    カーチャ  2014/03/22(土) 01:13:28  ID:993be6b86

    この最たるものが日本国憲法ですね。
    アメリカ様の作った憲法を後生大事に守り抜く我が国。
    そして、中国韓国などの外国からお金を吸い取られる。お金だけならまだしも北朝鮮には人間までも。
    まったく純朴というか、素直というか、バカというべきか。
    スポーツで負けても、悲しいけど、一番肝心なところが人任せなんだから、そりゃあそうでしょうとしか言えません。

  • 15
    doracat  2014/03/22(土) 01:24:53  ID:daa7e1680

    国際的な組織の役員には、最低、公用語の英語・フランス語がペラペラの人を登用してほしい。
    そうしないと、今の役立たず役員のようなロビー活動もできないで、物見遊山しかしない役員ばかりになってしまう。

  • 16
    ^^;  2014/03/22(土) 06:53:53  ID:4ef381712

    何もしないだけならまだしも、
    でなくてもいいような大会に無理やり出させたり、
    OPの時のように設備も整っていないリンクで無理やり練習させたり・・・
    スケート連盟の会長は在日みたいですので、わざと足を引っ張ってますよね。
    それにフィギュアに関しては、欧米人に有利なようにではなく、韓国人に有利なようにルールを変更してますよね

  • 17
    うるっと  2014/03/22(土) 08:23:22  ID:0572de92e

    各競技団体において、どんどん、競技を経験して引退した若い人が、団体の中枢に入っていって、選手の声を直接吸い上げ、ロビー活動やルール改正に積極的に加わっていってほしいと思います。その為にはその役員を交渉術、マネジメントからサポートする人も付けて進めてほしいと考えます。
    その為には政治の力も必要なのですが、世代交代が進む中で、スポーツ振興のリーダーとなる人が、よくわかりませんが、見当たらないような気がします。
    浅田真央選手も、とうとう連盟にたいする疑心を直接、周囲にもらしはじめたようです。
    一つはソチでの練習リンクの選定に関すること。もう一つは引退に関して連盟の人間が先に勝ってにほのめかして、本人にプレッシャーをかけてしまっていることの二点が大きいようです。
    いろんな意味で影響力の大きい浅田選手が言い始めることで、これから何等かの動きが出てくるかもしれません。

  • 18
    える  2014/03/22(土) 11:27:01  ID:01e63ee36

    カーチャ様、別の見方もあります。
    どんな無能な官僚や政治家でも、アメリカの要求する軍事オプションを簡単に拒否できてかつアメリカは文句が言えない、これこそが日本国憲法の最大の強みです。こんな世界でも類を見ない最強カードを破棄せよの論調の半分は、もしかするとアメリカからきているのかもしれませんね。アフリカまで行かされて、弾が無くなって、青くなって嫌いな国に援助を求めて国内で批判を受けたお隣の国と比較しましょう。
    要は道具は使いようです。
    そして道具と言えば、他の競技では存在する、十分に信頼できる審判の存在しないISUにおいて、他の国では自国びいきが推定できるためにあり得ない話だったのに、世界選手権のテクニカルジャッジに連続して日本の同一人物が採用されたという事実が、ISUにとっての「道具」が何であるかを象徴していると思います。日米話なら、アメリカのぽち、いや日本の番犬だろうとなりえますが、ここほれワンワンと大金を掘り出してくれるので、表面的にはナデナデして貰えるけど、肝心の話の時には参加できないISUのぽち?、スケ連は完全になめられていますね。

  • 19
    久しぶりの通りすがり  2014/03/22(土) 12:10:42  ID:84833fe27

    日本人ばかりが勝つのは面白くないというのは、そう思う。
    卓球なんかひどくて、世界選手権が中国元代表の同窓会みたいになってしまっている。あんな競技は国際的スポーツとしては、もう終わっている。
    フィギュアに関して言えば、個人の金メダルを目標にするのは、もうやめて、外国選手が日本に来てフィギュアを学べるような、環境整備、指導者の充実、ノウハウの強化を図っていくべき。
    国際的ルール作成のイニシアティブについては、日本人には正直向いていないと断言できる。自分の都合がいいようにルールやレギュレーションをどんどん変えていく社会なんて住みにくいに決まっている。殆どの人間が法を誠実に順守して、己の利益だけを追求することが無いようにし、みんなが困るようなことだけは、配慮しながら変えていくほうがいいに決まってる。
    国際社会に闘いに伍していくには、自らの不利益にならないように、革新運動に対して保守的態度に終始し、常にアンテナを張り巡らせながら、不利になりそうなら、それについて対策を作って対抗していく。それでいいんじゃないの。日本にはユダヤ系がいないので、法律戦や言論戦、投機行動で勝てるとはとても思えない。

  • 20
    はる  2014/03/22(土) 23:47:54  ID:589fc6ab0

    ソチ五輪のアルメニアのひどい練習拠点とか、浅田さんを爆下げする天野真をのさばらせる時点で、スケート連盟は日本人選手の為の協会ではないです。会長が在●のうちは絶望的じゃないですかね~

  • 21
    キティちゃん  2014/03/23(日) 01:22:56  ID:65984d57c

    今夜、TBS「ジョプチューンSP世界で活躍するプロが衝撃ぶっちゃけ大連発」という番組に、インラインスケーターの安床兄弟が出ていたのですが、この2人は合計100個以上の金メダルを持つ、その世界では絶対王者のような存在らしいのですが、彼らが一人勝ちするようなってから、本場アメリカでの試合数がどんどん減っていき、兄弟で参加していたペア競技では、常に彼らが勝ってしまうため、ペア競技そのものがなくなってしまったそうです。
    彼らは、競技の衰退に危惧を抱いており、試合からしばらく離れてもいいし、才能あるアメリカ人がいたら、ぜひ育てる側にまわって、競技を盛り立てていきたいというようなことを言っていました。確かに、ある選手が一人勝ちし続けるとか、同じ国の選手ばかりが活躍してしまう競技というのは、世界的な盛り上がりには欠けますよね。
    スポーツ先進国である欧米は、後進の国にお株を奪われるのはプライドが許さない、がその一方で、新興国での市場拡大もはからないと、競技そのものが衰退してしまう、というジレンマを、いま多くのスポーツ団体がかかえていると思います。
    少なくとも、現在のフィギュアスケート界に多大なる貢献をしているのは、日本なのですから、ISUの中枢に日本人がほとんどいないのは、かえって不自然ではないでしょうか?

  • 22
     2014/03/23(日) 17:28:06  ID:03e3ef9e6

    浅田選手が連盟を愚痴った話は「関係者によると」なので鵜呑みにしないほうがいいのでは?
    安藤さんが「真央はちやほやされて勘違いしてる」と言ってたとか
    金妍児が浅田選手を以前「あばずれ」と呼んでた~くらいの信ぴょう性ではないの?
    「関係者によると」なんでしょ。

  • 23
    リリー・ポッター☆  2014/03/24(月) 00:10:26  ID:cea7b5fdd

    話がそれて恐縮ですが・・・
    ジャンプの回転不測にGOEのマイナスつけるの、やっぱり見た目と全然かけ離れてしまう大きな原因だと思うのでやめてほしいです。せっかく跳んだのにジャッジのさじ加減ひとつで回転不測とって、そこからさらにご丁寧にGOEマイナスって、2重課税やん???税金は一回取れば十分やん。
    しかも、見た目回転足りてるのに< つけて、足りてないのにGOEプラスって、やりたい放題の温床ですわ・・・ それとジャッジは正面にしかいないけど、回転見るなら前後左右・四方八方+上にカメラ置いて野球のホームラン判定や競馬のゴールみたいに機械判定とかにしたほうがいいと思いますm(__)m                                離吏発多