フローラン・アモディオ 欧州選手権2012 フリー演技 (解説:イギリス英語・イタリア語)

フローラン・アモディオ 欧州選手権2012 フリー

2012年イギリスのシェフィールド(Sheffield)で開催されたヨーロッパフィギュアスケート選手権2012(2012 European Figure Skating Championships)、フランス代表-フローラン・アモディオ(Florent AMODIO)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2012年1月28日
曲名:セバスチャン・ダミアーニ 「Memories of Sobral」 ~  セルジオ・メンデス映画「ブルー初めての空へ」より (Memories of Sobral by Sébastien Damiani +
Rio (soundtrack) by Sergio Mendes)

技術点:74.14
構成点:81.56
合計:155.70

B004PR71JCRio: Music From the Motion Picture
Various Artists

ヨーロッパ選手権 結果&選手一覧

(イギリス英語)

(フランス語)

(ロシア語)

(イタリア語)

『フローラン・アモディオ 欧州選手権2012 フリー演技 (解説:イギリス英語・イタリア語)』へのコメント (3件)

  • 1
    元凶はルール  2012/02/07(火) 16:06:06  ID:279863527

    イデデデデ、
    痛えよー、笑い過ぎて腹が痛いー。
    「アモちゃんがモロ熊にとっ捕まってる」の図が可笑し過ぎるんですけど。
    ちょっと、ちょっと、モロゾフ先生さー、その出オチやめてくんねーかな。
    冒頭で爆笑しちゃって演技内容が入って来なかったじゃんよー。
    アモちゃんもそろそろ突っ込んだらどうかな?「近けーよ」って。
    でもまあ、よく踏ん張ったね。
    くじ運も良かったよーな気がするけど、
    壊滅的なミスしなかったのも良かったかもね。
    元々メンタル強いなと思ってたけど、コントロール出来ている感じするし。
    でも表彰台に滑り込めて泣いたんだね。
    あらら、やっぱりプレッシャーあったのか。
    もっと気にしない性格かなと思ったけど、そうでもないんだな。
    ニースはユーロよりも大変だろうしね。
    モロゾフ先生とか、ベルナール先生と頑張って下さいね。
    で、チームメイトのカツァラポフ君の雄叫び!
    あれでも爆笑しちゃったんですけど。
    モロゾフ先生の生徒はなんだか面白くなる傾向が・・・・。

  • 2
    くりゆき  2012/02/07(火) 22:58:24  ID:7c64f097b

    う~む……、この曲編成はどうなの?
    爽やか癒し系×レゲエ?×ラテン?のコンボ?
    折角音感やスピン、ジャンプの体幹の良い選手なんだから、
    もうちょっと小細工無しで魅せるプロにしたほうが良く無いかなあ。
    なんか惜しい。
    ワールドでは8位入賞は出来てたとしても、表彰台は遠く感じてしまう。

  • 3
    元凶はルール  2012/02/15(水) 17:03:43  ID:6dfdda3c1

    アモちゃんのプロ作りが遅れたのって、
    もしかしてエフェメンコフ君?の所為?
    たぶんエフェメンコフ君と読むんだと思うんですけど、
    ロシア国内大会で、目に飛び込んで来た男の子がいたんだよね。
    別にとくべつスケートは上手い訳じゃないと思う。多分。
    しかし、ジャンプがえらい高い!
    なんじゃこりゃーーーーーと思ってたら、リンクサイドに妖し気な人影が・・・・。
    あの子モロゾフ先生の生徒さんだよね。多分。
    フリーは普通のプロだったけど、ショートの選曲とかとても良いと思ったよ。
    うーん、先生。アモちゃんにも良い選曲下さい~。
    それにしても、あの子は何才だろうか…。
    ロシアが3枠取れたら、ソチの代表争いは面白くなったりしてね。