デニス・ヴァシリエフス 世界選手権2018 エキシビション演技 (解説:ロシア語)

イタリアのミラノ(Milano)で開催された国際競技会「2018年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championship 2018)」、男子シングル第6位、ラトビア代表-デニス・ヴァシリエフス (Deniss VASILJEVS)のエキシビション演技の動画です。


Date:2018年3月25日
曲名:ミュージカル『ライオンキング』より

イタリア開催、2018年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。

(ロシア語)

(イギリス英語)

(解説なし)

『デニス・ヴァシリエフス 世界選手権2018 エキシビション演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (4件)

  • 1
    ぱんだん  2018/03/26(月) 16:05:49  ID:c22118ebf

    友野くん5位にも驚きましたが、ラトデニくん6位も嬉しかった! 友野くんEXは見られず残念でしたが、ラトデニ君のEX見られてよかった…。
    ランビ様直伝?のスケーティングやスピンは基本がすごくしっかりしている感じで、美しい所作とあいまって、見ていて心地よいです。年々、存在感を増してきています。来季も頑張れ!

  • 2
    風鈴  2018/03/26(月) 18:03:36  ID:3d9902b65

    いい曲ですね、スケールの大きさとパワフルな音楽をリンクを大きく使って、スピード、デニス君の長い手足、体のラインが素敵です。こんなプロが似合うようになってきたラトデニ君、もう少しでトップスケーターの仲間入りか、ルックスにも恵まれて、オリンピックでの経験とこの大会でも良い成績を残して、大きく成長されたのでしょうか、気になって来ました。

  • 3
     2018/03/27(火) 14:05:16  ID:1c7a5f139

    さらに上手くなって本当にびっくりしています。
    ステファンさんの振り付けも好きです。
    あと2回はオリンピックも出れそうなので
    スケーティング、表現力はもっとすごいことになるのではと
    思っています。

  • 4
    dark eyes  2018/06/24(日) 10:50:36  ID:7d735423a

    今朝方知ったのですが、新潟のファンミで来季FSは小尻健太さんだと語ったそう。
    FaoIでの非常にアーティスティックでありながら論理的構築がなされた見事な師弟プロの振り付けをコラボなさった方だそうで、これは来季がとても楽しみになりました。

    実は今季、ミニチュアランビになりつつあるラトデニくんを見ていてウーーム、それでいいのか、ラトデニくんの個性はどこ行った、と少々懸念を抱いていましたが、ステファン先生はちゃんと先を見て、段階を踏みつつ指導なさっていたとわかりました。
    お見それしましたという気持ちです。
    どういう経緯で小尻さんとコラボすることになったのか、そのあたり、ご存知の方がいらしたら教えて頂きたいです。