ロリーヌ・ルカヴァリエ 世界選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)

イタリアのミラノ(Milano)で開催された国際競技会「2018年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championship 2018)」、フランス代表-ロリーヌ・ルカヴァリエ(Laurine LECAVELIER)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年3月21日
曲名: ミシェル・ルグラン 映画 『おもいでの夏(Summer of ’42)』 より  (Summer of 1942 by Michel Legrand)

技術点:31.52
構成点:28.27
合計:59.79

イタリア開催、2018年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。

(ロシア語)

(解説なし)

『ロリーヌ・ルカヴァリエ 世界選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
     2018/03/21(水) 23:19:14  ID:8ffdd6e64

    ほぼノーミス良かった
    3-3はもしかして回転不足かもだけど
    相変わらずキュートで衣装も可愛い
    コリさんだとジャンプの不安はあるけれど
    フリーも頑張れですね

  • 2
    なっこさん  2018/03/21(水) 23:57:45  ID:745654d42

    よかった~!
    この前の試合はイマイチだったので どうかなって思ってたけど。
    このプロ好き。 美しくて・・・今日は笑顔もヨロシ。
    それにしても色が白いなぁ。。。