エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ 平昌オリンピック エキシビション演技 (解説:なし)

韓国・平昌の江陵アイスアリーナで開催された「第23回オリンピック冬季競技大会(XXIII Olympic Winter Games)」のフィギュアスケート個人戦ペア第4位、ロシアからのオリンピック選手(OAR)-エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV)のエキシビション演技の動画です。


Date:2018年2月25日
曲名:ライオネル・リッチー 「How Long」 (How Long by Lionel Richie)

韓国・平昌(ピョンチャン)開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得、田中刑事18位。女子シングルは宮原知子が4位、坂本花織が6位。

(解説なし)

民放テレビ局のオリンピック公式動画サイト「gorin.jp」。最新の平昌オリンピックの感動のシーンをはじめ、北京オリンピック以降の大会を中心にハイライト映像が4000本以上。日本人選手の金メダルの瞬間はもちろん、伝説的な海外選手の往年の雄姿が甦ります。何度でも見たい名シーンが満載のサイトです。

『エフゲーニヤ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ 平昌オリンピック エキシビション演技 (解説:なし)』へのコメント (1件)

  • 1
     2018/02/26(月) 02:05:43  ID:ddb9fe647

    なかなか渋くてかっこいい曲の選択だけどこの手の曲も上手い。
    随分大人な演技もするようになったね。
    今回は逃してしまった金メダルが北京では手に入るといいね。