マリア・ソツコワ スケートカナダ2017 フリー演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)

グランプリシリーズ第2戦、カナダのサスカチュワン州レジャイナ(Regina, SK)で開催された「スケートカナダ2017(ISU GP Skate Canada International 2017)」、ロシア代表-マリア・ソツコワ(Maria SOTSKOVA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年10月28日
曲名: クロード・ドビュッシー ベルガマスク組曲「月の光」 (Clair de Lune by Claude Debussy)
技術点:61.34
構成点:65.08
合計:126.42

カナダ・サスカチュワン州レジャイナ開催、グランプリシリーズ第2戦スケートカナダ2017(カナダ大会)の大会情報、出場選手&結果。男子シングルは宇野昌磨が優勝、無良崇人が12位、女子シングルは本田真凜が5位、本郷理華が6位。

(ロシア語)

(イギリス英語)

(アメリカ英語)

(アメリカ英語 NBC)

(解説なし)

『マリア・ソツコワ スケートカナダ2017 フリー演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)』へのコメント (10件)

  • 1
    ジャガミカン  2017/10/29(日) 04:21:28  ID:96fb0532b

    やりました2位です。
    得点は伸びなかったけど、このメンツの中で2位なら上出来です。
    ただまだまだ改善の余地ありですね。
    後半は少し疲れが見えるのと、やはりこの曲では見る人をうっとりとさせるくらいじゃないといけないかと思います。
    体が大きくて、ジャンプも大きくなったから、ダイナミックではあるけど、そこに神秘的な美を追加したいです。
    見た目の美しさを持つソツコワなら、さらに美を追求できると思うんですよね。
    次の試合も頑張ってほしいです。

  • 2
    獅子吼  2017/10/29(日) 08:30:12  ID:75efc80a1

    管理人様 動画アップありがとうございます♬

    素晴らしいですね!!
    冷え冷えとして澄んだ空気の中
    美しい月の光を浴びているような…

    手を上げるジャンプ
    長身の選手は特に迫力がありますね。
    そして細やかな動きは美しく
    いいプログラムですねー。
    もう少し点数欲しかったです。

  • 3
    ツキ  2017/10/29(日) 09:18:28  ID:09eb27abb

    表彰台おめでとうございます!

    長身の体をコントロールするのは難しそうですね。
    ソツコワ選手だけではなく今大会はオズモンド選手以外はジャンプ刺されています。
    これだと点数は出ないのでタノるのはどうでしょうね?…
    スケーティングレベルを上げる方が良いかと…すべてのエレメンツが綺麗に決まれば本当に見栄えのする選手だと思う。

    ガンバレ~!!!

  • 4
    yuria  2017/10/29(日) 09:24:05  ID:c74bbd0ac

    やった~表彰台おめでとう(*・∀・*)V
    絶対やってくれるって信じていました。
    ジャンプ安定感がありますからね。
    回転不足は徐々に直していけばいいです。

    唯一タノのついていないループ、軸が美しかったです。
    そんなにタノらなくても充分質のいいジャンプ跳ぶんですが・・

    ジャンプの出入りがオーソドックスなターンで、メドみたいに複雑ではないから加点はそうもらえないのかも。
    でも、フリップの降りた時の手とか工夫してきましたね。
    基礎がきちんとしているので、まだ、伸びると思います。
    なにせ、1年でタノ習得し、しかもタノつけてもジャンプの質が変わらない(特に高さ)というスゴさがありますから。

    大柄な選手にありがちな雑味がないのがいいです。
    スパイラルはさすがにでかいけど(笑)
    この曲は起伏がなく難しいのですが、優しい雰囲気のソツコワお嬢様に合っています。
    初々しさ・柔らかな笑顔に癒されました。
    太ももバッチンバッチン(気合)も好きです(笑)

  • 5
    u  2017/10/29(日) 13:48:54  ID:eb53aa5ea

    この人後半はタノしなくていいと思うけどね~
    ひょっとしてタノの方がもう体に馴染んでるのかな?

  • 6
    らる  2017/10/29(日) 14:16:58  ID:2872eba3d

    最初のルッツ回転不足??どういうこと?

  • 7
    Clara  2017/10/29(日) 14:31:48  ID:0dd5854ae

    素敵でした。
    ソツコワはジュニア時代はファイナル優勝以外は何となくエース級でもなくて印象薄かったですが、シニアに上がって順調に確実に伸びていますね。
    私個人的にはアーニャとソツコワがロシアの中では好きです。
    ソツコワの持つ雰囲気にあったプログラムを作っているのが勝因。太ももの筋肉もついてきて、ちゃんと練習をしているのが窺える。結構息の長い選手になる可能性もありますね。
    美しい選手です。

  • 8
     2017/10/29(日) 17:39:06  ID:5f6c49cf7

    真凛ちゃんのフリー見ても同じような感想だったけど、、
    とても綺麗な演技なんだけど何か足りないような気がするの。
    心に引っかかる様な何かが。。

  • 9
    まりごっく  2017/10/29(日) 19:08:58  ID:fa3e3233b

    まー足が長くて、アイスダンサーがトリプル跳ぶのを見るかんじ。
    ISUのバイオで身長173センチ、羽生選手や田中選手より1センチ高く、実際、前の大会でコストナー選手と並んで大きく見えたし、GPSの女子シングルで台乗りした最も長身の選手かも。
    回転不足を取られようが、17才半までジャンプできてるのがすごい。
    ジャンプを矯正したいラジオノワ選手が、同じコーチへの移籍を希望したのも分かる。
    大柄はリンクでスピードが遅く見えるのを逆に活かした優雅なプログラムが、おっとり可愛らしい雰囲気によく合ってる。

  • 10
    くりゆき  2017/10/30(月) 20:39:55  ID:f3a2ddcb0

    月の光に乗せて優雅に演技が始まったと思ったら、
    冒頭から度肝を抜くような、物凄いジャンプが!
    痺れました。
    一つ目のルッツは<なの?でも高さも幅もあったので、タノらなければ十分いけるのでは?

    タノジャンプの多用のせいか、後半スタミナ切れ気味でしたね。
    せっかく優雅な素敵な作品なので、もうちょっと構成を考えて欲しいな。