ローマン・サドフスキー JGPタリン杯2016 ショート演技 (解説:英語)

ローマン・サドフスキー JGPタリン杯2016 

2016年ジュニアグランプリシリーズ第6戦、エストニアのタリン(Tallinn)で開催された「JGPタリン杯2016(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Tallinn Cup 2016)」、カナダ代表-ローマン・サドフスキー (Roman SADOVSKY)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2016年9月29日
曲名:ミューズ「エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)」 (Exogenesis Symphony Part 3 by Muse)
技術点:38.75
構成点:34.21
減点:1.00
合計:71.96

The Resistance
ミューズ


『ローマン・サドフスキー JGPタリン杯2016 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (3件)

  • 1
    アロエ1  2016/09/30(金) 09:21:04  ID:21b457144

    ジャンプが完全でなかったけれど滑りの部分は大躍進。
    この年齢で作品観を作り上げられるのはさすが。
    身長が高くなり体をコントロールしづらい印象はある。

  • 2
     2016/09/30(金) 10:09:27  ID:2d0ac119f

    本当にすごく背が伸びてびっくりします。
    ジャンプは少しずつ良くなってるんですよね
    悔しそうです。

  • 3
    山女  2016/10/01(土) 08:55:22  ID:c1640d0b8

    一気に背も伸び体格もすっかり大人になってしまって…オバサンの私は親離れしていく子を見るような寂しさが…オッサンくさくならず美しいスケーターでいてね…