Feodosiy EFREMENKOV JGPオーストリア2012 ショート演技 (解説:なし)

Feodosiy EFREMENKOV JGPオーストリア2012 ショート

2012年ISUジュニアグランプリ第3戦オーストリアのリンツ(Linz)で開催された「JGPオーストリア」(ISU JGP Lake Placid 2012)、ロシア代表 Feodosiy EFREMENKOVのショートプログラム演技の動画です。


Date:2012年9月13日
曲名:ボンド(演奏)/マグナス・ファインズ(作曲) 「キソト」 Quixote - Born  (Quixote by Maganus Fiennes performed by Bond)
技術点:29.51
構成点:23.94

合計:53.45

Born



『Feodosiy EFREMENKOV JGPオーストリア2012 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (1件)

  • 1
    元凶はルール  2012/09/14(金) 12:08:26  ID:6092c7cf4

    名前なんて読むんだろう・・・・。
    ロシアの解説の人が、エフェメンコフって発音したような気がしてたんだけど、
    エフレメンコフ君なのかぬ?
    てか、おーいモロゾフ!おめえ、高橋さんとか、アモちゃんばっかり見てねーで、
    このお坊ちゃんの事もしっかり指導しろ!
    (いや、確かモロゾフ先生の秘蔵っ子の筈…。去年リンクサイドにいたもん…。
    あれ?振り付けだけだったりして…)
    ジャンプが低くなってるじゃねーか!
    あり得ん。まったくあり得ん。
    この子、別にハン君みたいな特別な子じゃないけど、
    ボンッて跳ぶジャンプが高かったのに!
    (まあ、ぬっ転んじゃうんだけどね)
    生徒さんが居過ぎて大変なのは分かるが、もう少し目を配ってあげて下さい~~。
    エフェメンコフ君、君も体重気にしなさいね。別人になっとるぞなもし。
    太って可愛いけど、重い。動きが重いよ。
    と、日本の片隅で呟いてみた。
    そう言えば、初めてアップみたけどウルマノフさんぽいかな。