ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン 世界選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)

イタリアのミラノ(Milano)で開催された国際競技会「2018年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championship 2018)」、フランス代表-ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン組(Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON)のショートダンス演技の動画です。


Date:2018年3月23日
曲名:エド・シーラン 「シェイプ・オブ・ユー」  ~ エド・シーラン 「シンキング・アウト・ラウド」  (Shape of You + Thinking Out Loud by Ed Sheeran, remastered by Karl Hugo)
技術点:44.37
構成点:39.36
合計:83.73

÷
エド・シーラン


x (Wembley Edition)
エド・シーラン


イタリア開催、2018年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。

(イギリス英語)

(ロシア語)

(解説なし)

(ホームビデオ撮影)

『ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン 世界選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
    うーっ!  2018/03/24(土) 17:16:45  ID:29ccb108a

    衣装を変えて来るかなと思ったけど、堂々とこの衣装で出てくれて嬉しいです。すぃっ!すいっ!と言ったらいいのか、ぐいっ!ぐいっ!と言ったらいいのか分からないけど力強さも感じました。ラテン系の曲は聞いているだけでも楽しくなりますね。

  • 2
    パリン  2018/03/24(土) 18:32:20  ID:e6b08b01e

    良かったですね〜。初の五輪で色々と得たものがあったのでしょうね。ガブリエラの演技がより精緻に、かつ大きくなりましたね。
    フリーも楽しみ!