キム・ハヌル 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)

韓国・平昌の江陵アイスアリーナで開催された「第23回オリンピック冬季競技大会(XXIII Olympic Winter Games)」のフィギュアスケート個人戦、韓国代表-キム・ハヌル(Hanul KIM)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年2月21日
曲名:マイケル・ナイマン 映画『ピアノ・レッスン』より (The Piano soundtrack by Michael Nyman)
技術点:29.41
構成点:24.92
合計:54.33

韓国・平昌(ピョンチャン)開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得、田中刑事18位。女子シングルは宮原知子が4位、坂本花織が6位。

(解説なし)

『キム・ハヌル 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (2件)

  • 1
    ポムポム  2018/02/23(金) 00:27:45  ID:f758602b5

    ワンコといえばこの子。子犬みたいでかわいい。

    女子のショート、最終グループでも空席がちらほらあったなあ。

  • 2
    トトねー  2018/02/27(火) 22:14:32  ID:30d643208

    やっぱ日本のファンは見る目が無いね
    ハヌルちゃんこそ韓国の次期エース
    キムヨナ超える逸材なのにな
    韓国は顔と学歴で人間の価値を測る国と聞いた
    ハヌルちゃんは陽の目も見ず消えていく存在なのだが
    自分はしっかりと君を覚えておくし君の存在を忘れはしないよ
    アーメン