ケイトリン・オズモンド カナダ選手権2018 ショート演技 (解説:カナダ英語)

カナダ ブリティッシュコロンビア州バンクーバー(Vancouver, BC)で開催された「2018年カナダフィギュアスケート選手権(2018 Canadian Tire National Skating Championships)」、ケイトリン・オズモンド(Kaetlyn OSMOND)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年1月12日
曲名:エディット・ピアフ 「パリの空の下」  ~ 「ミロール」  (Sous le ciel de Paris and Milord performed by Edith Piaf)
技術点: 35.01
構成点: 37.40
減点:1.00
合計: 71.41

Premium Twin Best Series: La vie en rose (Edith Piaf Best)
エディット・ピアフ

2018年カナダフィギュアスケート選手権の出場選手、日程。 ■開催日:2018年 1月8日 - 1月14日

『ケイトリン・オズモンド カナダ選手権2018 ショート演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (7件)

  • 1
    バンクーバー  2018/01/13(土) 09:27:36  ID:0b40c76a4

    いい傾向です。今シーズンは昨シーズンより1月くらいエンジンスタートが早いです。カナダ勢はつまり、今のカナダ選手権は昨年の4大陸で、昨年の世界選手権の最高の状態がオリンピックに来るということ。オリンピックの金はケイトリンオズモンドだね。間違いなく。今ここで昨年の4大陸のとこつまりオリンピックは最高の世界選手権の状態ということ。カナダ勢の団体戦金は確定。!!!全て強いのはカナダだけ。カナダ勢の表彰台独占をケイトリンオズモンドーガブリエルデールマンの1-2フィニッシュいけます。カナダ勢の大躍進を。 それにしてももっと出てもいい。点数。77-79はあってもいい。

  • 2
    915  2018/01/13(土) 09:36:19  ID:8031c100a

    コンボは飛び上がった瞬間に軸が外れたみたい。リカバリーは素晴らしい質の3Lzー2Tもセカンド2回転だし。

    レイバックスピン、肉眼でも思いっきりトラベリングでGOEオール+3出すには流石に憚られたかそれなりの加点率だね。

  • 3
    U  2018/01/13(土) 10:13:20  ID:390ab37b2

    よくなかったな。映像からは少し太った?とも感じるけど。こんなもんか
    それにしても前にすすむねーこの人。

  • 4
     2018/01/13(土) 14:06:33  ID:102b944d5

    ケイトリンはチャーミングで性格も大好きですが
    さすがにこのミスで77は無理

  • 5
    くりゆき  2018/01/13(土) 18:09:54  ID:194648371

    今回はこのケイトリンの得意なSPもイマイチな感じでしたね。
    ステップも危うい感じだったし。
    でもまあ彼女はナショナルでどれだけ悪くても五輪は選出されるでしょう。

    それよりFSがなあ…あのプログラムどうにかならないのかな…。
    去年のに戻すとか…

  • 6
    りりん  2018/01/13(土) 20:39:45  ID:491f926a4

    おや?太ったように見えるのは映像のせい??ロシア勢に勝てるポテンシャルがあるケイトリンにオリンピック凄く期待してるので、得意のショート失敗は少し心配…。オリンピックで万全の状態で挑めますように。

  • 7
    凍てつく空  2018/01/14(日) 23:21:42  ID:89727a965

    シャンソンを使うのも珍しいが新鮮でいい。
    リプニツカヤが「枯れ葉」で滑ったプログラムは秀逸だったが、これも悪くないのでは。
    カナダはフランス語圏でもあるので違和感はないだろうし。
    オリンピックではオズモンドも金メダルを狙えるかもしれないね。
    オズモンドというと新人のときにあまりに過大評価され、翌年から鳴かず飛ばずで苦しい時期が続いたと思うが、よくぞここまで復活したと感慨もひとしおだ。