ガブリエル・デールマン カナダ選手権2018 ショート演技 (解説:カナダ英語)

カナダ ブリティッシュコロンビア州バンクーバー(Vancouver, BC)で開催された「2018年カナダフィギュアスケート選手権(2018 Canadian Tire National Skating Championships)」、ガブリエル・デールマン(Gabrielle DALEMAN)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年1月12日
曲名:ジョルジュ・ビゼー 歌劇『カルメン』より  (Carmen by Georges Bizet)
技術点: 41.19
構成点: 36.69
合計: 77.88

Shchedrin: Carmen Suite; Naughty Limericks; The Chimes
ロシア・ナショナル管弦楽団 & ミハイル・プレトニョフ

FILIPPA GIORDANO
フィリッパ・ジョルダーノ


2018年カナダフィギュアスケート選手権の出場選手、日程。 ■開催日:2018年 1月8日 - 1月14日

(インタビュー)

『ガブリエル・デールマン カナダ選手権2018 ショート演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (14件)

  • 1
    ぽむ  2018/01/13(土) 09:20:23  ID:74c99c125

    かっこいいカルメン!
    衣装も以前の赤一色より素敵です。

  • 2
    ラクサ  2018/01/13(土) 09:49:13  ID:9e2b2e2be

    最初のコンビネーションの入り方とスピードがすごい。
    カナダは何枠でしたかね?
    ビックジャンパー多いですね。

  • 3
    naonaoko  2018/01/13(土) 10:17:50  ID:01d885aba

    好きな選手です。更によくなってますね。ほんと、スカッとかっこいい。最後のポーズも素敵です。

  • 4
    U  2018/01/13(土) 10:28:21  ID:390ab37b2

    スピードに達するまでが本当にすごいな。無駄な動きがまったくないんだろうな
    上半身を傾けるだけで前にグングンすすんでいく。
    カナダはここが本当に上手。

  • 5
    915  2018/01/13(土) 11:08:25  ID:8031c100a

    3T-3Tは男子並みの跳躍力だけど、3Lzと2Aは至って普通だと思う。彼女はスピンのレベルを取りこぼすことが多い。磨いてきたんだな。クリケットにスピン指導のスペシャリストのコーチがいたはず(織田くんもカナダ時代教わっていた人)。バーゲルコーチとも相性よさそうだからいい練習環境なのだろう。

  • 6
    moon  2018/01/13(土) 12:42:01  ID:450ce75ff

    ルッツめっちゃ上手くなったなあー
    前はあんなに不安材料だったのに…

  • 7
    ツキ  2018/01/13(土) 13:40:42  ID:c1d1e2ec0

    得点を先に見た時にはいくらカナダナショナルは高下駄を履かせる(失礼)と言ってもギョギョとなりましたが、
    演技を観たら納得でございます!
    スケートとてもよく滑っていました!素晴しい!

    メイクはちと怖いけど、ヘアースタイルはフェミンでよろしいです!

  • 8
     2018/01/13(土) 14:00:58  ID:102b944d5

    このプログラム大好きです。
    ぜひケイトリンに勝って優勝して欲しいです。

  • 9
    MT  2018/01/13(土) 14:54:04  ID:c1ca088fa

    全体的にスピードがあって迫力があるのに丁寧に演技している印象です。たとえ低難度でも大きく流れてしっかり回って降りってくる質を極めたジャンプはやはり強いなと思います。メイクは濃い目ですけど、これはカナダ選手の戦略かなと。ロシアとは対照的に大人の女性を演出して個性を出してるのかなと感じました。

  • 10
    スマイリー  2018/01/13(土) 16:58:55  ID:013796e2f

    剛球一本やりから緩急つけられるようになりました。
    この音楽に合うフェミニン性を獲得しながらも、やりすぎを嫌うローリーの上品さもあって、よろしいんじゃないでしょうか。

  • 11
     2018/01/13(土) 17:05:27  ID:102b944d5

    ヘアスタイル、衣装も変えましたね
    イナからの3T-3Tは最高
    ステップからのルッツ
    ローリーさんの振り付けもとても魅力的です。

  • 12
    なっこさん  2018/01/13(土) 17:23:26  ID:cd4d6e3a8

    やっぱりかっこいい。フリーも期待!

  • 13
    傍観者  2018/01/13(土) 18:30:03  ID:83841719d

    こういう「(女子なのに)よくぞここまで!あっぱれ!!」といわされる演技が掛け値なしに大好きです。みどりがそうだったからもありますが、性別という枠をぶち破っていくのを見るのはいつも愉快でエキサイティングですね。暴走貨物さながらの滑走の合間にうまいこと呼吸しないと酸欠になりそ(笑)。
    ちなみに男子も「(男子なのに)よくぞここまで!ひゃあ」という選手が好きですが、女子とは逆で、演技が始まるや否や現実を忘れさせてくれるドリーミーな選手にやられます。性別関係なく、後発がでないだろう個性には、やはり強く惹かれてしまいますね。

    まだFSが終ってませんが、プロをガーシュインに戻すと聞いています。さあ一番上をとってこい、ファイトだ、ギャビー!!

  • 14
    凍てつく空  2018/01/14(日) 23:07:22  ID:89727a965

    ジャンプだけでなく表現面もかなりよくなってパッケージとしてレベルが格段に上がってるよね。
    やはり、ワールドのメダルでずいぶん自信をつけたんだろう。
    年齢的にも技と表現がちょうど調和してくる時期だろうし。