セルゲイ・ボロノフ ロシア選手権2017 フリー演技 (解説:ロシア語)

ロシア・サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)で開催されたロシア国内競技会「2017-2018ロシアフィギュアスケート選手権大会(2018 Russian Figure Skating Championships)」、セルゲイ・ボロノフ(Sergei VORONOV)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年12月22日
曲名:グローバス 「サラバンド」  (Sarabande Suite (Aeternae) by Globus)
技術点: 70.37
構成点:86.28
減点:1.00
合計:155.65

Epicon (US Version)
Globus

ロシア選手権2017の出場選手、日程、結果。女子シングル:アリーナ・ザギトワ、男子シングル:ミハイル・コリヤダ、ペア:タラソワ&モロゾフ、アイスダンスはボブロワ&ソロビエフが優勝

『セルゲイ・ボロノフ ロシア選手権2017 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (8件)

  • 1
    yuria  2017/12/23(土) 11:56:28  ID:fa5c01ece

    こんなことって・・・
    言葉にならない
    ただただ悲しくて泣けてきた・・・

    転倒とパンクが続き2本目の4Tへ行く前に、タラソワが
    「セリョージャ、自分の夢を手放してはダメ。
    行くことを恐れてはダメ。行きなさい!」
    と言っていました。
    でも、その後2Aになってしまったら
    「夢よ、さようなら」と。

    表彰台に上がらなければ、ユーロは厳しく、
    更に五輪は厳しくなる。

    2006年バンクーバーで外された時もショックでした。
    でも諦めず10数年、ずっと頑張ってきたのに・・・
    キスクラでうつむいた姿が悲しすぎます。

  • 2
    ここあ  2017/12/23(土) 12:20:38  ID:a515a77c8

    ファイナルへ出たという今季の国際大会の結果は考慮されないのでしょうか。ユーロに出してみて結果次第とかないのでしょうか?ロシアって時々そういうことするじゃないですか。でもタラソワが「夢よ、さようなら」と言っているのら難しいのかな。だとしたら残念。

  • 3
    ss  2017/12/23(土) 15:11:17  ID:c9f0c73ec

    ロシア男子は2枠でしたもね やはり日本娘は彼のファンか・・・

  • 4
    ニャン  2017/12/23(土) 16:21:25  ID:03c74e8d4

    タラソワさんが解説で「夢よさようなら」と言っていたのですね。。。。。。。
    ユーロもオリンピックと同じで2枠しかないのでしょうか。。。

    どの選手も転倒したり、ジャンプミスが多い大会でした。
    プレッシャーが一番大きかったのかもしれないが、GPFの疲れなのか、spとの時間が短かったのから調整がうまくいかなかったのか、皆が皆ジャンプがうまくいかないって氷の問題なのでは。。。など考えても仕方がないことが頭をめぐっています。
    どの選手もこんなにミスが多いから、GPFの結果も考慮してもらえれば。。。
    なんとかチャンスは残されてないだろうか。。
    ここまで来たから、ボロノフ選手に何とかチャンスを。。と思います。

  • 5
     2017/12/23(土) 16:24:20  ID:7e33025af

    残念すぎです。
    ロシアのスケート連盟って容赦ないというか

  • 6
     2017/12/24(日) 01:49:39  ID:5ccd99386

    あぁこれは、、
    表彰台を固く信じていたのに。。
    「サラバンド」の曲が悲しく響いてくるわ。
    あのグダグダの3位の選手より下なの?(ファンの方ゴメン)
    持ってないなぁ~ボロノフ。
    これで望みなしですか?

  • 7
    ボロボロ  2017/12/27(水) 00:38:28  ID:2d0845b6b

    あ~コーチ陣までガックリ来ている。。。
    少々何が有っても今期は気合で乗り切れそうな気配がしていましたが、ちょっといつもとは集中力が違っていた様にも見えました。
    それにしてもボロノフくんの背中を押す観客の温かい手拍子はどこの国でも同じなんだなぁ~。彼の人徳でしょうか。

  • 8
    シューアイス  2017/12/27(水) 09:19:07  ID:90a18ef28

    ボロノフ選手、ユーロは補欠なんですね。
    GPシリーズで2度の表彰台(NHK杯優勝)、ファイナル進出。この申し分のない実績が考慮されず残念です。

    ボロノフファンの身内が見せてくれたナショナル後のInstagramでは、悲しげな表情のボロノフ選手が…しかもモノクロだし…「だ、大丈夫か?!」と思いましたが、その後に笑顔の写真も投稿されていました。添えられていた少し長めのロシア語の文章は私には読めませんでしたが、晴れやかな笑顔を見てホッとしました。心の中は土砂降りかもしれませんが…