友野一希 全日本選手権2017 ショート演技 (解説:日本語)

東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された国内競技会「第86回全日本フィギュアスケート選手権大会(2017–18 Japan Figure Skating Championships)」、友野一希 (Kazuki TOMONO)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年12月22日
曲名:パブロ・デ・サラサーテ 「ツィゴイネルワイゼン 」  (Zigeunerweisen Op 20 (Gypsy Airs) by Pablo de Sarasate)
技術点:41.83
構成点:36.33
合計:78.16

東京都調布市開催、第86回全日本フィギュアスケート選手権(2017年)の出場選手、日程&結果。男子シングルは宇野昌磨、女子シングルは宮原知子が優勝。*羽生結弦は右足首負傷のため欠場

『友野一希 全日本選手権2017 ショート演技 (解説:日本語)』へのコメント (5件)

  • 1
    よつば  2017/12/22(金) 21:03:23  ID:9b4b76398

    友野君、4Sが、ちょっと残念でした。
    でもスピード感や会場を一体化させる
    エンタテナーな表現力は、本当に魅せられる選手だなあって思います。
    フリーぜひ頑張ってほしいです。

  • 2
    ナットウキナーゼ  2017/12/22(金) 23:27:56  ID:c6613b81e

    友野選手の腕の動きがすごくすきで、
    友野選手の腕と納豆で何杯でもご飯食べられます。
    4S、フリーではきまるといいですね!
    フリーも大好きなので楽しみです。

  • 3
     2017/12/23(土) 01:57:43  ID:7e33025af

    今季は見る度に上手くなってきて良かったなぁと思います。
    ソルトレイクでは米国在住の日本のスケオタさんにも大人気で
    もちろん米国人の現地の方にも評判が良かった友野君です。
    フリーのウエストサイドストーリーも頑張って!

  • 4
    pochabara  2017/12/23(土) 13:18:24  ID:7bb908349

    この出だし好き!4S惜しかった。
    足かえのシットスピンの後のポーズ(ピッチカート「ポン」のところ)良い表情です。
    テンポが急激に速くなる難曲なので演じるのが難しそう。

    フリー完璧演技で台乗り目指してほしい!

  • 5
    すずs  2017/12/23(土) 14:29:25  ID:0a7a0117a

    また表現がぐっとよくなってる!私も出だしのところ、特に好きです。

    このプログラム、本当にいいですよね。あまりに見るのが楽しくて今季限りなのはもったいないんじゃないかとか勝手に考えてしまいます。手直ししたり、ステップや腕の表現を濃くしたりとかして、来季も使い続けてくれたら、また面白くなりそうなので。

    でも一方で、全然違うジャンルの音楽に挑戦して表現の幅が広がっていくのを見るのもすごく楽しみであったりします。表現の上手な選手には、あれこれと欲張りになってしまうのは、私の悪い癖ですね…。

    コンビネーションの2本目がまたきれいになってきた!体幹トレーニングの成果でしょうか。3Aもすごくよかったです。安定していて後半に跳んでも失敗する気配がないのが特にいい!加点も多くついてうれしい。4Sは惜しかったけど、よく持ちこたえてくれました。転倒と持ちこたえるのでは、プログラム全体の印象がやはり変わってくるだろうし、こういう大会で最小限にとどめたというのは、かなり大事だと思うので。

    フリーも思い切って行って欲しいです。もしかしたら五輪は難しいかもしれませんが、世界選手権か四大陸には出て欲しいので。世界の大舞台に出ていくたびにどんどん成長してくので、ぜひ機会が与えられて欲しいと願っています。