ミハイル・コリヤダ ロシア選手権2017 ショート演技 (解説:ロシア語)

ロシア・サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)で開催されたロシア国内競技会「2017-2018ロシアフィギュアスケート選手権大会(2018 Russian Figure Skating Championships)」、ミハイル・コリヤダ (Mikhail KOLYADA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年12月21日
曲名:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 「ピアノ協奏曲第23番イ長調」 ~ 「タンゴ」(Piano Concerto No. 23 in A Major by Wolfgang Amadeus Mozart + Tango)
技術点:54.91
構成点:46.71
合計: 101.62

ロシア選手権2017の出場選手、日程、結果。女子シングル:アリーナ・ザギトワ、男子シングル:ミハイル・コリヤダ、ペア:タラソワ&モロゾフ、アイスダンスはボブロワ&ソロビエフが優勝

『ミハイル・コリヤダ ロシア選手権2017 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (4件)

  • 1
     2017/12/21(木) 23:02:51  ID:50f444253

    3Aが少し残念ですが
    4T-3Tの美しいこと
    滑りもスピンもさすがのコリャダ君です。
    フリーで巻き返して優勝ガンバ!

  • 2
    ジャガミカン  2017/12/21(木) 23:09:34  ID:399fdbaaf

    思いっきりミスしたけど、普通に100点超えてきたし、あまり得点差がなく2位だから、五輪代表確実ですね。
    五輪でメダルが狙えるのはコリヤダくらいだから、ほんのちょっと優遇されるのは問題ないですね。
    表現の面もどんどんうまくなっていきますね。
    しかしフリーでのノーミスをしてほしいですね。
    五輪でメダルを狙うなら、やはり合計点で300点くらいは超えたいですからね。
    フリー頑張ってほしいです。

  • 3
    yuria  2017/12/22(金) 11:13:40  ID:35a7b226f

    ジャンプミスがあった割には100超!
    そうそう、ちょっとくらいの優遇はオッケーですよん(笑)

    コンビネーションに入る前のスピード・スルスル感がすごい。
    4ルッツは正面から見ると身体が正面向いて踏み切っていてインチキ無しなんで、改めて上手いなあ~と。
    ステップのエッジがディープになりました。

    中国大会の美4ルッツ決めたら、五輪で銅いけるんじゃないかと密かに期待してます。

    咲さん
    コリャダ君ファンサイト、盛り上がっていますね。
    ファンアートが充実。
    コリャダ君って絵や作品にしやすいのかな?

  • 4
     2017/12/22(金) 16:59:58  ID:c7131f32f

    ですです、優遇オッケーです。
    コリャダ君は本当に上手いですもんね
    間違いなく五輪のメダル候補です、怖いぐらいです。
    yuriaさま、コリャダ君人気あるんですね
    カッコつけない素朴な人柄、笑顔が魅力ですね