宮原知子 スケートアメリカ2017 フリー演技 (解説:アメリカ英語)

2017年グランプリシリーズ第六戦、アメリカ・ニューヨーク州レークプラシッド(Lake Placid, NY)で開催された「スケートアメリカ2017(ISU Grand Prix of Figure Skating 2017 Skate America)」、日本代表-宮原知子(Satoko MIYAHARA)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年11月26日
曲名:ジャコモ・プッチーニ 歌劇『蝶々夫人』より (Madame Butterfly Act 3 by Giacomo Puccini + Goro’s Entrance (Madame Butterfly Act 2) by Giacomo Puccini + Butterfly Bids Her Child Farewell (Madame Butterfly Act 2) by Giacomo Puccini + Prelude)
技術点:72.23
構成点:71.08
合計:143.31

アメリカ ニューヨーク州レークプラシッド開催  ISUグランプリシリーズ第6戦 スケートアメリカ2017の出場選手・日程・結果。日本からは無良崇人、宮原知子、坂本花織らが出場。

(アメリカ英語 NBC)

(アメリカ英語)

(イギリス英語)

(ロシア語)

(中国語)

(日本語)

(ドイツ語)

(解説なし)

『宮原知子 スケートアメリカ2017 フリー演技 (解説:アメリカ英語)』へのコメント (201件)

  • 201
    S  2017/12/04(月) 09:00:47  ID:200f7af30

     全日本関連

     本郷理華 愛知県TP大会・選手権女子(3日) SPのみ
     3F3T 3Lz 2A 71.91
    http://infoasu.jp/2017/tp/result/SrL.pdf

     点数が緩くなりがちなローカル大会ではありますが、スピードに乗りながら良質なジャンプを3本揃えないと、この点数は出せない。この点数の質の演技を、あのFPでも出来るのなら、、、ほんとうにバトルロワイヤルやトップ争いになる。
     SPの滑走順が勝負を分ける綾にすらなりそうな。抽選から緊張しそうですね。ジャッジ連中に同情したくなってきた。