エリザベータ・トゥクタミシェワ フランス国際2017 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)

グランプリシリーズ第5戦、フランスのグルノーブル(Grenoble)で開催された競技会「2017年フランス国際(ISU Grand Prix of Figure Skating Internationaux de France 2017)」、ロシア代表-エリザベータ・トゥクタミシェワ(Elizaveta TUKTAMYSHEVA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年11月17日
曲名:Tango in a modern style 
技術点:24.91
構成点:29.12
減点:1.00
合計:53.03

フランス・グルノーブル開催 ISUグランプリシリーズ第5戦 フランス国際2017(フランス大会)の出場選手、日程、結果。日本からは宇野昌磨、三原舞依、白岩優奈が出場。

(ロシア語)

(イギリス英語)

(アメリカ英語)

(スペイン語)

(中国語)

(解説なし)

『エリザベータ・トゥクタミシェワ フランス国際2017 ショート演技 (解説:ロシア語・イギリス英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    みかん  2017/11/18(土) 01:12:10  ID:a9c060a16

    トリプルアクセル回転は足りててよかった。
    他は……まぁこんな日もあるでしょう。

  • 2
    ジャガミカン  2017/11/18(土) 15:38:49  ID:b2c362be0

    リーザは攻めるしかなかった。
    これで良いんです。
    縮こまって演技するより、失敗を恐れずにチャレンジです。
    世界を取った良いときのジャンプ構成に戻してきたんです。それだけも評価したいですね。
    それにしても3Lzと3-3のミスは何かあったんですかね。
    諦めたというわけじゃないと思うんですけど、違和感があったんですかね。
    それとも練習でも無理をしない、こんな感じで、本番でもやっちゃいましたということなんですかね。
    これで五輪進出までに得点を積み重ねて、上げることが困難になってきました。
    フリーも次の試合も3Aで逆襲してほしいです。