山隈太一朗 JGPブリスベン2017 ショート演技 (解説:英語)

2017年ジュニアグランプリシリーズ第1戦、オーストラリアのブリスベン(Brisbane )で開催された「JGPブリスベン2017(ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Brisbane 2017)」、日本代表-山隈太一朗(Taichiro Yamakuma)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年8月24日
曲名:ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ & C.U.B.A. 「ディアブロ・ロホ」 (Diablo Rojo Area 52 Version by Rodrigo y Gabriela & C.U.B.A.)
技術点:23.83
構成点:27.22
減点:1.00
合計:50.05

エリア52
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ・アンド・ザ・キューバ


『山隈太一朗 JGPブリスベン2017 ショート演技 (解説:英語)』へのコメント (5件)

  • 1
    たらループ  2017/08/24(木) 20:22:47  ID:5d7433f97

    ジャンプもスケーティングもスピンも重いなという印象を受けました。
    しっかり滑り込んで完成度を高めてほしいですね…。

  • 2
     2017/08/24(木) 21:04:03  ID:56c7148a5

    見る度に大人の男性になっていて驚く選手。
    なかなかコントロールが難しい時期かもしれませんが、粗削りながら表現やステップ等光るものを持っているので
    腐らず頑張ってほしい。
    フリーも素敵だと聞いているので楽しみにしています。

  • 3
     2017/08/24(木) 22:19:34  ID:19e49e8e2

    私もびっくりしました。大きくなって!
    ジャンプは残念でしたがすごくカッコ良かったです。
    フリーもガンバ!

  • 4
    S  2017/08/25(金) 14:19:19  ID:105d7905e

     これだけ急激に体が大きくなった選手を、初めて見ました。ひとつ技を覚えても、次の日にはもう感覚が変わってる、、、そんな毎日なのでは。 
     この子は踊れます。足元の技術もあります。少し長い目で見てあげてください。
    https://news.walkerplus.com/article/86549/

  • 5
    もぐさぬここ  2017/08/30(水) 21:03:44  ID:b9f99eb2d

    何だか新しいタイプのスケーター。ちょい昭和っぽいのだけど小粋な感じもする。楽しみな選手だな。