ブレンダン・ケリー 世界選手権2017 ショート演技 (解説:ロシア語)

ブレンダン・ケリー 世界選手権2017

フィンランドのヘルシンキ(Helsinki)で開催された国際競技会「2017年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championship 2017)」、オーストラリア代表-ブレンダン・ケリー (Brendan KERRY)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年3月30日
曲名:アーサー・フリード&ナシオ・ハーブ・ブラウン「雨に唄えば」 (Singin’ in the Rain by Arthur Freed and Nacio Herb Brown)
技術点:47.61
構成点:35.50
合計:83.11

2017年世界フィギュアスケート選手権
フィンランド開催、2017年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。日本からは羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事、本郷理華、樋口新葉、三原舞依が出場。

(ロシア語)

(ロシア語)

『ブレンダン・ケリー 世界選手権2017 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
    ゆき  2017/04/05(水) 03:47:26  ID:8ad9a5339

    ブレンダン・ケリー!とっても上品でハンサムなスケーターですが、この雨に唄えばは今季一番の出来でした。
    スケートもとても早くよく滑りますし、見てて気持ちが良かったです。

  • 2
     2017/04/06(木) 01:07:59  ID:3c632c37b

    ブレンダン君、髭があってもなくても美青年ですが
    メガネをかけるとどう見ても
    アイスダンスのチャーリーさんにそっくりで驚きました。
    少しずつ上位に上がってきて良かったです。
    リッキーやヴィンス君と同じタミーコーチなんですね。