ナム・グエン カナダ選手権2016 フリー演技 (解説:カナダ英語)

ナム・グエン カナダ選手権2016

カナダのノバスコシア州ハリファックス(Halifax,NS)で開催された競技会「カナダフィギュアスケート選手権2016(2016 Canadian Tire National Skating Championships)」、ナム・グエン
(Nam NGUYEN)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2016年1月23日
曲名:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ 「パッサカリアとフーガ」   (Passacaglia and Fugue in C minor, BWV 582)

技術点: 77.59
構成点: 76.06
減点: 2.00
合計: 151.65

Beethoven: Symphony No. 7, et al.
Leopold Stokowski, Leopold Stokowski

 


『ナム・グエン カナダ選手権2016 フリー演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    KEN  2016/01/25(月) 22:14:28  ID:274a88678

    衣装替えてきましたね。
    今試練の時、まだ時間はあるのでじっくり。
    身長と言っても脚の方が長くのびるのでうらやましいな。
    (日本民族は座高の方がどちらかと言うと、現代は変わってきてるが)
    ジェフのプロは完成までしばらく熟成が必要のよう。
    表現は増して良い方向です。

  • 2
    yuria  2016/01/25(月) 23:56:37  ID:7dfb5535f

    見ててつらいかった
    きっとスランプなんだろうなあ・・・
    個人的にはケビンより伸びしろがあると思うんだけど
    最初にスタンブルしたり、転倒が多く、この出来では仕方ないですね
    このプログラム、美しくて好きなんだけど、バロック音楽って一本調子のところあるから、表現が難しそう
    もう少しエッジが深くなれば、演技に深みも増してくると思う
    身長176センチですか・・・伸びましたね・・・
    長身で脚長の選手好きなんだけど、ジャンプには不利だって聞きます
    せめて、もう少しジャンプが這い上がるといいんだけど
    男子にも成長期があって、今がそのまっさかりで、筋力や骨格もまだ変わる可能性あるから、難しい時期なのでしょうね