カク・ミンジョン  四大陸選手権2010 フリー演技 (解説:カナダ英語)

カク・ミンジョン  四大陸選手権2010 フリー

2010年韓国の全州市で開催された四大陸フィギュアスケート選手権2010(2010 Four Continents Figure Skating Championships)、韓国代表-カク・ミンジョン(Min-Jung KWAK)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2010年1月29日
曲名:クロード=ミシェル・シェーンベルグ ミュージカル「レ・ミゼラブル」より (Les Miserables by Claude-Michel Schonberg)
技術点:58.87
構成点:42.16
合計:101.03

四大陸フィギュアスケート選手権2010 選手一覧&結果

『カク・ミンジョン  四大陸選手権2010 フリー演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (4件)

  • 1
    典子  2010/02/10(水) 21:30:51  ID:aa634c2d0

    期待の新星だそうですがこの演技でこの点数は??いくら開催国有利な点数でも。本人が勘違いするでしょ、早く正常な採点に戻してください。

  • 2
    ky  2010/02/10(水) 22:16:36  ID:ff6d12912

    のびやかな、大きな演技をしますね。
    朝鮮舞踊に受け継がれている動きなんでしょうか、民族的な個性を感じます。ヨナ2世と呼ばれているのもわかります。
    まだまだPCSは低く抑えられていると思いますが、今後ぐんぐん伸びてきそうですね。
    日本の若手とよきライバル関係を続けていってくださいね。

  • 3
    ミラクル  2010/02/10(水) 22:40:23  ID:19385d41e

    もしキモが引退したら、この選手を金儲けのもとにするつもりかしら。だから今からじわじわ点をあげていく。きっと将来はあのオカマコーチにつくでしょう。

  • 4
    世の中は  2010/02/11(木) 20:03:03  ID:826c56373

    韓国が2枠という事でオリンピックに出場されると思いますが、(失礼な書き方で大変申し訳ないのですが)ジュニアグランプリシリーズで表彰台に乗っていない選手がアマチュア最高峰のオリンピックに出場する事に釈然としない思いが有ります。
    実質シニアデビューとなった今回(合ってますか?)ショートを含めたミスが少ない演技に才能は認めます…しかしながらタイム競技等で標準タイムをクリアしていない選手は出場出来ない場合がある事を考えると、複数枠の国の選手出場について条件を設定した方が良いのでは?と考えてしまいました。
    もし1枠が日本に与えられたならばグランプリシリーズに出場していた中野選手、アメリカならばグランプリファイナルに出場したシズニー選手と思われ、競技会としての質は高いと感じます。
    数あるスポーツからフィギュアを選択した彼女に対しては今後の活躍を祈ります。