織田信成 ファンタジー・オン・アイス2019神戸公演 (解説:日本語)

兵庫県神戸市の神戸ワールド記念ホールで開催されたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス2019in神戸(P&G presents Fantasy on Ice 2019 in KOBE)」に出演した織田信成(Nobunari ODA)の演技動画です。


Date:2019年6月7月-9日
曲名:末延麻裕子(ヴァイオリン演奏) 映画『ミッション:インポッシブル』より (Mission: Impossible)

『織田信成 ファンタジー・オン・アイス2019神戸公演 (解説:日本語)』へのコメント (3件)

  • 1
     2019/06/18(火) 12:28:59  ID:ccfb7e7d6

    織田君といえばすいすい伸びるスケーティングと
    柔らかな世界一の着氷と自分は思っているんですが
    かくれんぼすると
    新葉ちゃんばりのがに股のイーグルで尻餅ついちゃいました、
    体力いりますね、このプログラムは
    ゴーストも見たかったです、
    観に行ってもいないのにすみませんです。
    ザ・アイスは今年は出演しないのかな

  • 2
     2019/06/22(土) 15:36:23  ID:64430a78a

    PlW札幌公演、織田君の花はいつもめっちゃ凝っていて面白いです。
    パンケーキや弁財天さんになっとるわ〜
    現役時代からのファンさん達って
    どこまでも応援してくださってすごい
    バナーもすごいもの、すごく凝ってます。

  • 3
    勇名トラ  2019/07/11(木) 22:17:53  ID:5515cf99e

    number webの記事、素晴らしかったです!

    https://number.bunshun.jp/articles/-/839917

    「40歳になっても4回転を跳びたい」
    殿ならできる!きっと!!

    明日のBS朝日の「才色兼備」も楽しみです(*^^*)

    FAOI、仙台と神戸の土曜公演に行きました。
    テレビ放送はどうしてもコラボナンバーがメインだし、しかも殿=コミカル、という印象になりがちで「ミッション・インポッシブル」の方が放送されるのですが(いや、これもすごく良かったんですけどね!隠れている時間がもったいないと思ってしまう貧乏性なのだ 汗)とにかく「ゴースト」ですよ!

    本当に本当に本っっ当に、素晴らしかった!!
    滑らかなスケーティングと流れのあるジャンプそのもので、美しく哀感溢れる、そしてクライマックスでは壮大に盛り上がる曲想を表現していて、これこそフィギュアスケートの理想形!
    顔の表情とか上半身の動きだけでいくら表現しようとしても、足元が追いつかなかったりジャンプが跳ぶぞ跳ぶぞよっこらしょでは、興ざめですから。

    実は殿のスケートを生で見るのは引退してからなんですが(引退後は毎年見ている)、本当に年々上手くなって、表現力もどんどんアップして…
    現役復帰…をつい夢見てしまいますが、それはファンのわがままですね。だって殿は今が一番輝いて見えるのだから。

    殿の姿は、私にとって、引退したスケーターの理想形、ロールモデル、フィギュアスケート界の良心です。

    それは、殿が、スケーターとして、コーチとして、解説者として、その他テレビのお仕事も、忙しい中とてつもない努力をしているからこそですよね。
    春先にストレスで体調を崩したと聞いて、本当に心配しました…

    愛するご家族のためにどうかいつまでも健康で、そしてフィギュアスケートの未来のために、少しでも長く理想のスケーティングを見せ続けてください!