ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー グランプリファイナル2018 リズムダンス演技 (解説:カナダ英語)

カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバー(Vancouver , BC)で開催された国際競技会「ISUグランプリファイナル2018(ISU Senior Grand Prix of Figure Skating Final 2018/19 )」、アメリカ代表-ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー(Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER)のリズムダンス演技の動画です。


Date:2018年12月7日
曲名:Vuelvo al Sur by Juan Carlos Caceres   + A Los Amigos by Forever Tango  

技術点:37.58
構成点:33.75
合計:71.33

Tango Negro
Juan Carlos Caceres


Original Broadway Cast Album
Forever Tango


カナダ・バンクーバー開催、ISUグランプリファイナル2018の出場選手・日程・結果。男子シングルはネイサン・チェン2連覇、宇野昌磨2位。 女子シングルは16歳の紀平梨花が優勝、アリーナ・ザギトワ2位、坂本花織4位、宮原知子6位。*羽生結弦は怪我で欠場

(カナダ英語)

(スペイン語)

『ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー グランプリファイナル2018 リズムダンス演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (2件)

  • 1
    いちじく  2018/12/08(土) 19:49:57  ID:cd234fa75

    なんか解説に言われとるが、いいじゃない。
    ちゃんとケイトリンタンゴの表現してるじゃない。
    ベイカーさんタンゴっぽく髪撫でつけてみたらどうだろう?おでこ出過ぎちゃうかな?
    スタート遅かったからもっと滑り込むともっと良くなると思います!
    フリーがいいので期待。

    帰る時ズッコケて、すかさず誤魔化すケイトリンが愛おしい。

  • 2
    だんご  2018/12/08(土) 20:16:27  ID:f49993486

    へえー、そんなこと言われてるんですね、なるほど。
    そうそう、帰りのズルッで笑いに変えるとこが可愛い。疲れたのかな。いや、疲れたとしたらベイカーくんの方ですよね。
    それにしても見る度にとは言いませんが逞しくなって行くケイトリンちゃん。彼女を支えて抱えて引っ張って滑るベイカーくんってある意味すごくないですか。相当鍛えられていますよね、ケイトリンちゃんによって。こういうカップルがいるのも観ている方は面白いですけど。FDも好きなので楽しみです。