ケヴィン・レイノルズ NHK杯2018 ショート演技 (解説:イギリス英語)

グランプリシリーズ第4戦、広島県広島市の広島グリーンアリーナで開催された国際競技会「ISUグランプリ 2018年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会( ISU Grand Prix of Figure Skating NHK Trophy 2018)」、カナダ代表-ケヴィン・レイノルズ(Kevin REYNOLDS)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年11月9日
曲名:植松伸夫 ゲーム『ファイナルファンタジーIV』より「幻獣の街」より (Illusionary World by Nobuo Uematsu, Maire Breatnach)  
技術点:25.49
構成点:35.65
合計: 61.14

ファイナルファンタジーIV ケルティック・ムーン
植松伸夫


広島県広島市開催 グランプリシリーズ第4戦NHK杯2018(日本大会)の大会情報、出場選手&結果。女子シングルは16歳の紀平梨花が優勝。宮原知子2位、三原舞依4位。男子シングルは宇野昌磨が優勝、山本草太6位、佐藤洸彬10位。

(イギリス英語)

『ケヴィン・レイノルズ NHK杯2018 ショート演技 (解説:イギリス英語)』へのコメント (1件)

  • 1
    FIGHT  2018/11/10(土) 11:07:25  ID:e9a093072

    Liveで観られず後から録画で観たけど
    先に点数だけ見て何事が?と思ったら
    ジャンプが・・・
    4Tが単独の構成だと3Tに抜けたとき
    comboと必ずザやってしまう
    2Tに抜けたらノーカンだし
    先に4Tなら3Tに抜けたらcomboを2Tに出来るけど
    ジャンプ構成がリスキー過ぎ
    (個人的にSPのルールがちょっと?とは思う
     単独はダブル以下だと要素を満たしていないとバッサリ
     ノーカンなのに、comboはcomboに出来なくても
     GOEー5だけどfirstjumpの分は点数が貰える
     同じ要素抜けなのになんかおかしいような?)
    気を取り直してFS頑張れ~