マリナ・アニシナ&グェンダル・ペイゼラ Heroes & Future 2018 in NAGANO (解説:日本語)

長野県長野市のビッグハットで開催されたアイスショー「長野オリンピック・パラリンピック20周年記念事業Heroes & Future 2018 in NAGANO 」に出演したマリナ・アニシナ&グェンダル・ペイゼラ(Marina Anissina & Gwendal Peizerat)の演技動画です。


Date:2018年6月8-10日
曲名:フラメンコ (Flamenco)

『マリナ・アニシナ&グェンダル・ペイゼラ Heroes & Future 2018 in NAGANO (解説:日本語)』へのコメント (2件)

  • 1
    ahora  2018/07/11(水) 13:39:03  ID:22ea481af

    懐かしのアニシナ&ペーゼラ!まだ解散せずに活動してたんですね。
    アイスダンスなんてまだ馴染みなかった時代、ビジュアル面からもインパクト大で、唯一引き込まれたカップルでした。
    当時、女性が男性をかかえるリフトが新鮮でかっこよかった〜
    さすがに今回はなかったですが。

  • 2
    dark eyes  2018/07/12(木) 21:30:27  ID:a453c7c6e

    本当に懐かしいですね。
    長野でのプロコフィエフのロミオとジュリエット、今でも時々見るくらい好きです。
    フラメンコはソルトレイクのOD。こちらも時々見たくなります。アレンジバージョンをショーで見られるのは嬉しい。
    6年前にFaoIで見て以来です。多分日本で滑るのもそれ以来。
    その年だったか、たしか現役復帰の話題があって、嬉しい驚きでしたが結局実現しませんでした。

    TVだとアニシナさん、随分貫禄がついたように見えますが現地ではそんな風に感じませんでした。相変わらずイケメンのペー様、変わらない二人。昔の演技を見ているような感覚に陥りました。

    アニシナさんがペー様を抱えるリフト、フィナーレではやってくれましたよ。結構長い時間抱えているんですよね。

    https://youtu.be/8Ond7C2X3ZY?t=2m58s