紀平梨花 Heroes & Future 2018 in NAGANO (解説:日本語)

長野県長野市のビッグハットで開催されたアイスショー「長野オリンピック・パラリンピック20周年記念事業Heroes & Future 2018 in NAGANO 」に出演した紀平梨花(Rika KIHIRA)の演技動画です。


Date:2018年6月8-10日
曲名:「バラ色の人生」 (La Vie En Rose)

『紀平梨花 Heroes & Future 2018 in NAGANO (解説:日本語)』へのコメント (4件)

  • 1
     2018/07/11(水) 01:41:53  ID:84435198f

    北京OPまで、3Aどんどん挑戦して、羽生選手のようにGOE満点近く貰えるような揺るがない武器になるといいなと思います。
    ジャンプだけではなく、柔軟性がありビールマンスピンがとても綺麗です。

    ただ、現行ルールで勝つための戦略なのか繋ぎに余裕があまり無く、少しせわしなさを感じることがあります。
    (スパイラルが美しい女子選手が好きなので)プログラムのタメとして、7秒位長めに入れてくれたら嬉しいですね。

    イメージはこの頃の真央さん
    https://youtu.be/DcQt1tCHHwY

  • 2
    キイトルーダ  2018/07/11(水) 22:05:15  ID:8a24044f3

    亮様
    あの時の真央さんの演技は本当に良かったですね。ジャズナンバー以外は何をやってもでから選手でしたが今でもワルツをやらせたら誰にも負けないのではないかと思います。
    あの可憐で繊細で軽やかな演技は驚異的な身体能力に裏付けられたもの、体への負荷は相当なものですが紀平選手もかなり良いので期待でいっぱいです。

  • 3
    観戦者  2018/07/18(水) 02:23:46  ID:895a29c6a

    そうですね、繋ぎが濃いのは、まさに今ふうなのだと思います。
    こういうプログラムには、もしかして3Aは不要とか。
    同じショーで滑った三原さんの演技をみると、ノーミスの威力を強く感じます。
    それと花束とか、小物を持って滑るのも意外に難しいですよね。
    もちろん彼女クラスでは全く問題ないとは思いますが仮に自分だったら、花束に命を吹きこめないでしょうね。

    紀平さんは、エッジのコントロールが抜群で、滑らかで元気で優雅で、見ていて幸福になる稀有なスケーターです。
    悲壮感の感じられない陽性なジャンプも好き。

  • 4
    観戦者  2018/07/18(水) 02:25:00  ID:895a29c6a

    もとい。
    三原さんとの共演はFaOIでしたね。