キム・ハヌル 世界選手権2018 フリー演技 (解説:ロシア語)

イタリアのミラノ(Milano)で開催された国際競技会「2018年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championship 2018)」、韓国代表-キム・ハヌル(Hanul KIM)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年3月23日
曲名:「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」 ~ サーラ・ドーン・ファイナー 「ザ・ウィナー・テイクス・イット・オール」 (Thank You for the Music + The Winner Takes It All by Sarah Dawn Finer)
技術点:54.42
構成点:56.12
合計:110.54

The Winner Takes It All
Sarah Dawn Finer

イタリア開催、2018年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。

(日本語)

(ロシア語)

(イギリス英語)

(解説なし)

『キム・ハヌル 世界選手権2018 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (4件)

  • 1
    あば  2018/03/24(土) 07:56:44  ID:29ccb108a

    やはり上手い。来シーズンが楽しみ。

  • 2
    ぱらだいす  2018/03/24(土) 09:11:29  ID:81bbb4fe3

    ダビン選手は棄権しちゃったんですね。体調が悪かったんでしょうか。
    そんな中で一人で頑張りましたね。韓国女子もジュニアに強い選手がいますから、これから競争が激しくなると思います。
    まずはゆっくり休んで、来季に備えてください。
    お疲れ様でした。

  • 3
    ジャガミカン  2018/03/24(土) 10:54:54  ID:3b8bf91dd

    3Lz-3Tが入らなかったですね。
    今回はレイバックスピンでちゃんと評価されましたね。明らかに回転速いし、ビールマンのポジションは良いし、回転だって6回転もしてるんだから、ちゃんと加点しなさいって思ってました。
    もう少しリカバリーが上手くいけば、さらに上位を狙えそう。
    ダビンが棄権だと枠計算が分からないですね。
    もしかして1枠?

  • 4
    ぱらだいす  2018/03/24(土) 12:18:56  ID:f1462b27c

    来季、韓国女子は1枠ですね。代表争いが過酷になりそうです。