マライア・ベル 世界選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)

イタリアのミラノ(Milano)で開催された国際競技会「2018年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championship 2018)」、アメリカ代表-マライア・ベル(Mariah BELL)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年3月21日
曲名:ジョン・カンダー ミュージカル『シカゴ』より  (Roxy Heart (Chicago soundtrack) performed by Renee Zellweger +
All That Jazz (Chicago soundtrack))
技術点:28.61
構成点:30.54
合計:59.15

「シカゴ」オリジナル・サウンドトラック
Original Soundtrack


イタリア開催、2018年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。

(解説なし)

(ロシア語)

(解説なし)

『マライア・ベル 世界選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (3件)

  • 1
     2018/03/22(木) 11:54:40  ID:a6047cfaa

    マライア、頑張らねば…

  • 2
    Ryu  2018/03/23(金) 17:05:55  ID:4c31af4f9

    個人的にすごく好きな選手なので何とかフリーで挽回してもらいたい!

    3T+3T/ 3Lz 2A

    を完璧にまとめれば点数でるのでは?

  • 3
     2018/05/26(土) 13:51:21  ID:fce7b82d9

    3Loは綺麗に跳べるのでショートのみ単独3Loもいいですよね
    四大陸はアシュリー、ワールドはカレンの代わりで
    急で大変だったかも、もっと上手いはず