イベット・トース 世界選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)

イタリアのミラノ(Milano)で開催された国際競技会「2018年世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championship 2018)」、ハンガリー代表-イベット・トース(Ivett TOTH)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年3月21日
曲名:AC/DC 「バック・イン・ブラック」 ~ 「サンダーストラック」 (Back in Black performed by AC DC + Thunderstruck performed by AC DC)

技術点:23.71
構成点:26.92
合計:50.63

イタリア開催、2018年世界フィギュアスケート選手権の大会情報、出場選手&結果。

(ロシア語)

(解説なし)

『イベット・トース 世界選手権2018 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (3件)

  • 1
    Fiona  2018/03/22(木) 05:11:46  ID:5cf53d2db

    管理人さん、アップありがとうございます。

    AC/DCの曲でショートとは斬新なプログラムですね。
    スケーティングにスピードがあって、体の動きも曲に合っていて、イベット選手もロックスターに成り切っていましたね。ギリギリでフリーに進めるので、ジャンプがもっと安定するプログラムを期待します。
    振付師の方がキスクラで一緒に座っていましたが、花織ちゃんのアメリも振り付けした方と知って、選手の個性を引き出すプログラム作りが上手だなと思いました。演技後、“やっちゃった!”の表情が可愛かった。

  • 2
    Vs  2018/03/22(木) 06:46:30  ID:329bc481a

    既視感のない躍動性のあるプロです。
    演じる人がまたフレッシュで楽しめます。
    最後のスピンなんて一級品。FSもすすめメデタシ。

    振付師、リショー氏ってあの方なのね。
    初めてお名前とお姿一致。
    トレードマークはお帽子か。

  • 3
    ぱりぱりこんぶ  2018/03/22(木) 11:29:03  ID:2e6a90c32

    上位陣を除いて応援してしまう選手の一人です。フリーに進めてよかった。一風変わったカルメンですけど頑張ってほしいな。