白岩優奈 プランタン杯2018 ショート演技 (解説:なし)

ルクセンブルクのコッケルシュエール(Kockelscheuer )で開催された国際競技会「2018年プランタン杯(Coupe du Printemps 2018)」、日本代表-白岩優奈(Yuna SHIRAIWA)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年3月16日
曲名:クロード・ドビュッシー 前奏曲集第1巻より第8曲「亜麻色の髪の乙女」  (La fille aux cheveux de lin by Claude Debussy)
技術点:35.69
構成点:29.98
合計:65.67

Classic Kennedy
ナイジェル・ケネディ


『白岩優奈 プランタン杯2018 ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (13件)

  • 1
    Vs  2018/03/17(土) 09:25:53  ID:ebc4458d4

    妖精みたいな雰囲気と表現、体の使い方がきれい。
    淡い衣装も似合い、すっきり絞って来てるのかな。
    ジャンプが低いのが気になるくらい。

  • 2
    Y.  2018/03/17(土) 09:37:28  ID:ef0ca2a38

    白岩選手
     美しいプログラムでした。ビールマン・スピンが欲しい箇所がありましたが、まだケガの影響が残っているのかな。(素人の私の目には)屈み込みが中途半端な姿勢と見えるところも……本人はもちろん納得がいかないでしょうが、物足りない印象です。

  • 3
    三枝  2018/03/17(土) 10:53:07  ID:6d57c1672

    とても美しい!
    白岩さん、大好きです!!
    これからも美しい作品、期待しています♡
    応援しています。

  • 4
    エイトンは体操も好き  2018/03/17(土) 11:32:12  ID:ad9641d11

    大人っぽくなられましたね。来季はもっと活躍する気がします。

  • 5
     2018/03/17(土) 12:36:21  ID:94f5e895d

    氷を押すグワァァグワァァという音がとかく印象的で、滑りのよさと上半身を大きく使えているところが素晴らしいです。ジャンプに高さがないのはこのチームの特徴でもあるのですが、回転力はかなり力強いものがあると思います。

    この選手、これだけ滑れるのにまだまだ蕾みたいに感じるというか、年齢を重ねると大化けしそうな予感がします。コストナーみたいに息の長い選手になりそう。

    今は初々しさや清廉さなどフレッシュな部分がすんごく素敵なので、その個性を前面に出してほしいし、このプログラムはこの選手の今をしっかりとらえた本当にいいプログラムだなと思います。

  • 6
    aura  2018/03/17(土) 13:17:18  ID:ccf9cc9d5

    曲の世界に溶け込むように、
    全身の使い方が優雅で、清楚な香気が感じられます。

  • 7
    S  2018/03/17(土) 16:18:24  ID:27da79c4f

     ほれぼれとするような滑りだった。シニアの「身体の線」を手に入れたね。繋ぎの動きも、振付も、ジャンプもスピンも、これがあればこその話だと思います。
     ジャンプは、本人からすれば「失敗出ずに済みました」って程度の出来だったでしょうけど。回転の速さ、力強さは見ていて頼もしい限りでした。
     FPでは3Lz-3Loに初挑戦するつもりらしいです。怪我しない範囲で大いに楽しんでください。
     

  • 8
    ワァオ  2018/03/17(土) 18:16:58  ID:964a60fb7

    回転が早い。
    ジャンプの進化にびっくりしました。
    白岩さんは、才能があるので、来季は一流の振り付け師に個性的なプロと正統派プロを作ってもらってほしい。
    いつも、ショートかフリーがどっちがどっちか、わからなくなるぐらい印象に残らないので、笑顔だけのプロではなく、他のジャンル試してほしい。
    スピン、、ステップ、ジャンプ、ぜんぶ上手いのだからもったいない。
    選曲、もっとぴったりくるものがあると思う。
    アイドルっぽく可愛いので
    歌詞つきのポップなものなど似合いそう。

  • 9
    木々  2018/03/18(日) 00:56:22  ID:58a5d2f3b

    衣装が清楚な花見団子って感じで(悪口じゃないですよ)可愛い。結構若手日本女子の中で一番好きな選手かも。が、濱田先生のところは宮原さんがどんどん表現のお手本的存在になっているような気が、全日本チャンプなので当たり前ですが。。。洗練されてきて美しさもどんどんましているのですが、何かこう個性と違う方向性に感じる気がしないでもない。ジュニア当初の明るさとかダイナミックさとかが無くなっているような。真凛ちゃんがラファのところに行っているという噂をちらっと聞きましたが本当でしょうか?実は白岩さんの方がラファとかあいそう、力強い感じが。というのは勝って外野の意見ですが、新しいシーズンにはまたどんな風なプロかでイメージも変わってくるでしょうし、楽しみにしておきます。展覧会の絵はとても素敵出会っているのでフリーも頑張って!

  • 10
     2018/03/18(日) 13:31:50  ID:b33b7a5d9

    すごい。彼女もすごい伸びてきてる。怪我だったとはいっていたが
    ここにきて良い演技だな。すべりはゆきなさんみたいで本当にタイプ。
    70点いくとおもったが残念。やっぱり無名では点数がのびなかったか・・・
    痩せたか?髪型のせいなのか?雰囲気がすごくかわった

  • 11
    かめ  2018/03/18(日) 14:12:01  ID:ddc2bf303

    ゆうなちゃん凄く綺麗…
    小鳥さんが木漏れ日に愛をうたってるみたい。

    いいなー
    そんな風に滑れたら気持ちいいんだろうなぁ
    なんだろうこれ、甘くてちょっと切ない感じの気持ちになります。

    表現とスケーティングも頑張りたいっていってたけど、ホント頑張ったのでしょうね。
    なんて素敵なんだろ。
    フリーも楽しみです。

  • 12
    グリーン  2018/03/18(日) 20:45:41  ID:cb7a3a8d5

    ゆうなちゃん、ジュニアデビューの頃からずっと期待しています。
    氷に入ると、ぱっと花が咲いたような可憐なものを感じさせる天性のものがあるだけでなく、難易度の高いジャンプが魅力。
    今季はなかなか点が伸びず苦労していましたが、ジュニアの幼さが抜けてきて、表情も豊かになり、シニアの選手らしくなり、少しずつ成長しているのがよくわかります。
    来年度はまたどんな曲を選択し、幅を広げていくのか楽しみ。
    今は体型変化との戦いかな。
    怪我しないように、少しずつ成長しけば、北京に間に合う!

  • 13
    kaorin  2018/03/19(月) 12:13:48  ID:4a8311821

    久しぶりに拝見しました。ケガをされていたのかな。
    優奈ちゃんの、さわやかで明るい個性と、力強い滑りやジャンプは、相変わらず魅力的です。
    ただ度々ケガをしたせいか、伸び悩んでいる印象があります。

    気になったのが、体全体のバランスがとれてないのか、体や腕が、常にフラフラしているところ。

    それなのに、難しいステップからの力強いジャンプを跳んでいる。ひざや足首の使い方も硬い。疲れがたまると、ふとしたミスが、ケガに繋がりやすい。
    十分な睡眠はとれているのかな?(7時間は必要です)
    そんなことが、ケガが多い原因なのかなと推測します。

    今後大きく伸びるためには、体幹を鍛えるとともに、スケーティングの基礎を徹底する必要があると思います。

    スケーティングも、ただ滑るだけでなく、片足でのひと滑りの中で、体のバランスや重心の位置を感じながら、常に真っすぐ体を伸ばすことを基本型に、あらゆる上半身・下半身の動き、重心移動をしながら、バランスをとる。エッジを正確にしながら、なめらかに滑り、速さも変えられるように、意識しながらのスケーティングが必要では。

    動画を撮ったりして、常に自分のバランスをチェックして改善していく必要があると思います。

    手や腕の動かし方も、自分でコントロールできているとはいいがたい。それは、体の重心が、上に行ったり下に行ったり、不安定だからです。重心を常に、おへその下の丹田にあるように意識する必要があります。
    腕の動かし方は、陸上でのダンスやバレエのトレーニングが有効なのかなと思います。

    まだ高1。されど来期は、もう高2。あせるかもしれませんが、あまり周囲を気にせず、今年1年はスケーティングの基礎と、フラフラしない、ケガをしない体を作る、上半身の動きを洗練させる、などとテーマを決めて、自分のペースで成長していってほしいです。その方が、2、3年後に大きく飛躍できると思います。

    腕は、腕だけでなく、もっと肩甲骨から動かすように。