ブレイディ・テネル 平昌オリンピック フリー演技 (解説:なし)

韓国・平昌の江陵アイスアリーナで開催された「第23回オリンピック冬季競技大会(XXIII Olympic Winter Games)」のフィギュアスケート個人戦、アメリカ代表-ブレイディ・テネル(Bradie TENNELL)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年2月23日
曲名:パトリック・ドイル  映画『シンデレラ』より (Cinderella by Patrick Doyle)
技術点:65.41
構成点:62.93
合計:128.34

シンデレラ オリジナル・サウンドトラック
Patrick Doyle

韓国・平昌(ピョンチャン)開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得、田中刑事18位。女子シングルは宮原知子が4位、坂本花織が6位。

(解説なし)

『ブレイディ・テネル 平昌オリンピック フリー演技 (解説:なし)』へのコメント (3件)

  • 1
     2018/02/24(土) 01:25:04  ID:579d27a3a

    テネル選手が回転不足って…
    ミラノワールドはきっと立て直して来るね

  • 2
    獅子吼  2018/02/24(土) 10:30:58  ID:664ad7b3b

    管理人様 動画アップありがとうございます。

    ジャンプミスするイメージが無かったのですが
    五輪の舞台
    やっぱり緊張で、あがるのでしょうか…
    普段の滑りにならなかったのかもしれません。
    20歳とはいえメジャーな国際大会の経験も
    他の選手と比べ少ないのでは?
    そんな中、よく頑張ったと思います。

    2度の骨折があったとのこと。
    競技を諦めずに磨いて続けてきた。
    全米女王
    五輪出場となったんです。
    素晴らしい!!
    団体戦ではメダリストですからね♬

    お疲れ様でした。

  • 3
    ノブリン  2018/02/24(土) 23:02:30  ID:6450fc807

    テネル選手、お疲れ様でした。
    2度も腰椎の骨折をしていたのですね。
    苦難を乗り越えて・・・スケアメでいきなり表彰台、そして全米女王。
    まさに「シンデレラ」でした!!
    悔しさ残るOPになってしまいましたが、清楚でしなやかな演技が
    印象的でした。
    ワールドでのリベンジを願っています。

    野武凛♪