ブレンダン・ケリー 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)

韓国・平昌の江陵アイスアリーナで開催された「第23回オリンピック冬季競技大会(XXIII Olympic Winter Games)」のフィギュアスケート個人戦、オーストラリア代表-ブレンダン・ケリー (Brendan KERRY)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年2月16日
曲名:Everybody Wants to Rule the World by Cinematic Pop feat. Spencer Jones & McKenna Breinholt.
技術点:45.49
構成点:37.57
合計:83.06

韓国・平昌(ピョンチャン)開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得、田中刑事18位。女子シングルは宮原知子が4位、坂本花織が6位。

(解説なし)

(解説なし *要注意:ポップアップ広告)

『ブレンダン・ケリー 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (2件)

  • 1
    くりん  2018/02/16(金) 23:31:12  ID:c3fb64a15

    ケリーくん、好きなんですよね・・・なんとなく応援したくなる選手なので。
    初めて彼の演技を見た数年前には、まさかここまで来るとは思ってなくて(ゴメンナサイ)。それが今や4T そしてフリーでは4S✨まで跳ぶようになり、嬉しいです♪♪

    3Aにミスこそありましたが、4Tはクリーンだったし、スピンもキレイ!もう少し点数が欲しかったな・・・(>.<)
    明日は4Sを跳んでくるのでしょうか?フリーいい演技が出来ますように!

  • 2
     2018/02/17(土) 00:17:09  ID:b84241a9c

    選曲もナイス
    ドーンブッシュさんが見たかったのですが
    モロゾフさんと伸びるといいな