リョム・テオク&キム・ジュシク 平昌オリンピック フリー演技 (解説:なし)

韓国・平昌の江陵アイスアリーナで開催された「第23回オリンピック冬季競技大会(XXIII Olympic Winter Games)」のフィギュアスケート個人戦、北朝鮮代表-リョム・テオク&キム・ジュシク組(Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年2月15日
曲名:ジネット・リノ 「私はシャンソン」   (Je suis qu’une chanson by Diane Justler, performed by Ginette Reno)

技術点:63.65
構成点:60.58
合計:124.23

韓国・平昌(ピョンチャン)開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得、田中刑事18位。女子シングルは宮原知子が4位、坂本花織が6位。
(カナダフランス語)

(解説なし)

(解説なし *要注意:ポップアップ広告)

『リョム・テオク&キム・ジュシク 平昌オリンピック フリー演技 (解説:なし)』へのコメント (2件)

  • 1
    来た  2018/02/15(木) 19:13:20  ID:1b2d38b33

    応援団が面白くて目立ってたけれど、若々しい演技が爽やかでした。
    ただ、その爽やかさと曲のイメージが合っていなかった気もしました。ショートの方が良かったかな。でもよく頑張ったと思います。

  • 2
    yuria  2018/02/15(木) 21:06:49  ID:7b84175fa

    四大陸見て、素敵なカップルだなと思いました。
    女の子かわいくて、表情豊か、華奢でスタイルいいのでパンツが似合います。身体がいつもピンと張っていてリフトが綺麗です。男性は硬派な雰囲気ですが、なかなかうまい。
    ユニゾンもよくて、お似合いですね。
    リンク上がる時コーチに挨拶するのがいい。好感度UP!
    応援団怖いけどww

    ソロジャンプをサルコウに変えたり、スローがもう少し飛距離出るともっと上に行けると思う。
    もっと国際大会出てほしいです。

    この後、客席でバッハ会長が二人と一緒に観戦していて、良かったです。