【団体戦】ブレイディ・テネル 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)

韓国・平昌の江陵アイスアリーナで開催された「第23回オリンピック冬季競技大会(XXIII Olympic Winter Games)」のフィギュアスケート団体戦、アメリカ代表-ブレイディ・テネル(Bradie TENNELL)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2018年2月11日
曲名:イ・ドンジュン 映画『ブラザーフッド』より  (Taegukgi Soundtrack)
技術点:38.94
構成点:30.00
合計:68.94

韓国・平昌(ピョンチャン)開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得、田中刑事18位。女子シングルは宮原知子が4位、坂本花織が6位。

(解説なし)

『【団体戦】ブレイディ・テネル 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (3件)

  • 1
    Clara  2018/02/11(日) 14:03:10  ID:37d0b5a4c

    はっきり言って演技はまだまだジュニア仕様だけど、メダルの色を争う国の代表なのに、この強心臓には恐れ入りました。
    ジャンプの安定感半端ない。スピンも確実。良い点数が出ましたが、個人戦ではもっと良い点が出てくるのでは?日本選手のライバルになりそうです。

  • 2
    u  2018/02/11(日) 14:58:10  ID:c264505ed

    アメリカは最近するどいすべりが続くな。
    ゴールドに未来もこんな感じだな。氷上のガリガリ。

  • 3
     2018/02/11(日) 15:14:17  ID:ed1c2981e

    本当にメンタル強い
    いい演技でしたよ