【団体戦】テッサ・バーチュー&スコット・モイア 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)

韓国・平昌の江陵アイスアリーナで開催された「第23回オリンピック冬季競技大会(XXIII Olympic Winter Games)」のフィギュアスケート団体戦、カナダ代表-テッサ・バーチュー&スコット・モイア組(Tessa VIRTUE / Scott MOIR)のショートダンス演技の動画です。


Date:2018年2月11日
曲名:ローリング・ストーン 「悪魔を憐れむ歌」 ~ イーグルス「ホテル・カリフォルニア」 ~ 「Why Don’t You and I 」(Sympathy for the Devil by the Rolling Stones + Hotel California by The Eagles + You and I by Carlos Santana)
技術点:41.61
構成点:38.90
合計:80.51

韓国・平昌(ピョンチャン)開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。男子シングルは羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルを獲得、田中刑事18位。女子シングルは宮原知子が4位、坂本花織が6位。

(カナダ英語)

(解説なし)

(解説なし *要注意:ポップアップ広告)

(インタビュー)

『【団体戦】テッサ・バーチュー&スコット・モイア 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (3件)

  • 1
    もう一人の通りすがり  2018/02/11(日) 14:18:30  ID:e989e42dc

    テッサ、新しいお衣装でさらに一段と文字通りきらびやかに金メダルにふさわしい衣装で登場! 演技前の「さああ、始まるわよ」、もまたもや一工夫加え、随所にひとタッチもふたタッチも重ねて、上の上の上を狙うあくなき闘志を感じました。個人戦での健闘も楽しみにしています。

  • 2
    Clara  2018/02/11(日) 15:21:25  ID:37d0b5a4c

    二人もPチャン同様、団体金要員なのでしょうね。テサモエの場合は個人でも金候補ではありますが、何より(ロシア)を下しての団体金が大きなミッションのように感じます。
    テッサのお衣装も素敵、ハイレグ感も肉体美を美しく強調していてアスリートの美しさを感じられます。
    演技前の登場した時から強烈なオーラが漂い、キレキレの演技もこれぞアイスダンスという、その余裕感もさすがです。
    団体と個人で両方見られて嬉しく思いました。
    また、河合さんの解説も分かり易くていつもながら素敵でした。

  • 3
    twinkle  2018/02/11(日) 21:02:39  ID:1837770bd

    超絶にかっこいいです!!!パワーをもらえるのってこのことかしら。もう、こんな演技がみれて幸せ!テッサのゴージャスさは、どこまでいくのでしょうか。素敵です。スコットの有り余ってしょうがない。テンションもまた、やられますね。スコットが練習中に熱くテンションが上がりすぎてたっていうエピソードを解説に入れてくれて、おかげで、演技後にバン!とサイドの板というかスポンジを叩いてたのも納得がいきました。大好き☆