【団体戦】マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)

韓国・平昌の江陵アイスアリーナで開催された「第23回オリンピック冬季競技大会(XXIII Olympic Winter Games)」のフィギュアスケート団体戦、アメリカ代表-マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ組(Maia Shibutani & Alex Shibutani)のショートダンス演技の動画です。


Date:2018年2月11日
曲名:ペレス・プラード 「マンボNO.5」 ~  「ピンク&アップル・ブロッサム・ホワイト」 ~  「マンボ NO.8」  (Mambo: Mambo No. 5 by Perez Prado + Cha Cha: Cherry Pink And Apple Blossom White by Perez Prado + Samba: Mambo Jumbo/Mambo No. 8 by Perez Prado)
技術点:38.42
構成点:37.04
合計:75.46

韓国・平昌(ピョンチャン)開催、第23回冬季オリンピックの大会情報。日本からは羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事、宮原知子、坂本花織、須崎海羽 &木原龍一組、村元哉中&クリス・リード組が出場。

(カナダ英語)

(解説なし)

(解説なし *要注意:ポップアップ広告)

『【団体戦】マイア・シブタニ&アレックス・シブタニ 平昌オリンピック ショート演技 (解説:なし)』へのコメント (2件)

  • 1
    島暮らし  2018/02/11(日) 19:43:40  ID:776e594d0

    久しぶりにキメキメのシブスを見られました。
    よかった。
    DNAツイズルもパーフェクト!
    ダンスのジャッジ厳しかったですね。
    でもテサモエにさえKpがNついてましたし、皆に公平に厳しかったみたいだからいいか。

  • 2
    kariyon  2018/02/12(月) 00:19:49  ID:8e2d231bd

    会心の笑顔が見ることができて良かった~
    解説の方がシブズは(社交)ダンスに忠実とおっしゃってたのですが、なるほどと思いました。
    ベーシックとバリエーション、シブズはベーシックがきちんと身体に入っているからホールドや二人の距離がしっかりしているのだろうと。安定感があります。
    バリエーションは華があって見応えがあります。
    最近の傾向はこちら寄りですよね。
    あ、もちろん他ペアの演技も大好きです。
    陸ダンス経験者の私にとってはシブズのプロは噛めば噛むほど味が出るスルメプロです^^。