テッサ・バーチュー&スコット・モイア カナダ選手権2018 フリー演技 (解説:カナダ英語)

カナダ ブリティッシュコロンビア州バンクーバー(Vancouver, BC)で開催された「2018年カナダフィギュアスケート選手権(2018 Canadian Tire National Skating Championships)」、テッサ・バーチュー&スコット・モイア組(Tessa VIRTUE / Scott MOIR)のフリーダンス演技の動画です。


Date:2018年1月13日
曲名: 映画『ムーランルージュ』より (Moulin Rouge)
技術点: 64.70
構成点: 60.00
合計: 124.70

ムーラン・ルージュ オリジナル・サウンドトラック


2018年カナダフィギュアスケート選手権の出場選手、日程。 ■開催日:2018年 1月8日 - 1月14日

『テッサ・バーチュー&スコット・モイア カナダ選手権2018 フリー演技 (解説:カナダ英語)』へのコメント (11件)

  • 1
    カプリッチ  2018/01/14(日) 08:33:44  ID:1d78a5fba

    随分、変えてきましたね。
    以前のも好きでしたが、これはまた素晴らしい。演技が終わった後、感動で涙が止まりませんでした。

  • 2
    服替  2018/01/14(日) 08:42:59  ID:8d86a7515

    全体的に以前よりも良くなった印象。
    これはオリンピックではパパシゼより上に行くかも。

  • 3
    915  2018/01/14(日) 09:18:18  ID:5a963591b

    華々しく大団円的だ。
    コリオリフトで担いで終るのもいかにもテサモエ。後半の滑りは相変わらずちょっと。レベル4出ても国際大会だと加点が。

  • 4
    twinkle  2018/01/14(日) 10:39:31  ID:72251c8f0

    素敵です!!素晴らしい!!

  • 5
    Da Capo  2018/01/14(日) 22:38:42  ID:f59a92db5

    すごいハイスコアでの優勝、おめでとうございます^^♪

    ブラッシュアップというか かなり大胆に変えましたね(^^;
    これは前回までのプロより盛り上がるでしょう!

    それにしても、ナショナルとはいえ満点とは(◎o◎;)
    ますます 五輪本番が楽しみです。

    唯一、スコット選手の衣装だけが微妙だけど。
    これなら 今までの衣装で良かったんでは…まあ いいか。。。

  • 6
    もう一人の通りすがり  2018/01/14(日) 23:09:00  ID:ac8590e2f

    勝つためには何かを変えなければ、何を変えればさらに上に行くのか、と考えた結果がこの形だったんでしょうかね。私はファイナルの時の演技は彼らの本来の持ち味を最大限に表現したものと思っていますが、パパシゼのようなよどみない途切れない動きに対する高い評価を受け、それにどう対抗するかと考えたと思われるこの演技もとても素敵だと思いました。現役最後の後半にいたってなお、ただ自分たちの世界をつき進むだけではなく周囲の評価に耳を傾け修正しながら前進していく姿に心を打たれました。スコットの地味すぎる前のグレーの衣装も嫌いではなかったけれど、やはり二人のバランス、黒子ではなく二人の存在感をアピールするにはワインレッドと黒、明確な二色の今回の方がいいと思いました。ちなみにテッサの練習用青バージョンも好きです。

  • 7
    まりごっく  2018/01/14(日) 23:33:15  ID:eb0794e01

    「ムーラン・ルージュ」でサティーンが、「本当の女優になりたい」と様々な犠牲を払って頑張ったあげく短い恋愛を思い出にして突然死するのは、選手が五輪を目指して周りを巻き込みながら頑張って、金メダル取って現役を終える競技人生に似てるかも。
    技術的に卓越して下手したら雑技団になるところ、競技復帰して何をしたかったのか最後に気持ちで伝えようとする迫力がすごい。
    シニアデビュー年のワールドが東京で OD がタンゴ、デュプレイユが銀だった。

  • 8
    フフフフーン  2018/01/15(月) 02:00:09  ID:573ff7383

    プロトコルすっご・・・
    逆にSp4の加点2とTRの9.75はなんで付けたの?ってぐらいw
    パパシゼとの対決が一層楽しみになってきた!

  • 9
    島暮らし  2018/01/15(月) 18:52:47  ID:097a99180

    ドラマチックに変更して、迫力も増して、さらに盛り上がりましたねー。
    彼らの強い気持ちが演技に合わさって気迫も感じられるから観客も引き込まれますね。
    何度も見てしまいました。
    パパシゼとどうなるでしょう。

  • 10
    is  2018/01/16(火) 21:10:54  ID:1fa63dc48

    後半はほぼ作り直したという感じでしょうか。よりスケールが大きくなって迫力満点。パパジゼとは真逆のプロになったような感じ。OPがほんとに楽しみになってきた。

  • 11
    Da Capo  2018/01/18(木) 17:48:18  ID:776395a06

    カナダチームは、五輪では テサモエ組の2人が旗手ですって!

    https://twitter.com/SkateCanada/status/953309826259607557

    カッコイイ!