朴小宴[パク・ソヨン] 韓国選手権2018 フリー演技 (解説:韓国語)

韓国・ソウル(Soul)で開催された韓国国内競技会「韓国フィギュアスケート選手権2018(South Korean National Championships 2018)」、朴小宴[パク・ソヨン] (So Youn PARK)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2018年1月7日
曲名:ホアキン・ロドリーゴ/ナナ・ムスクーリ 「アランフェス協奏曲」 (En Aranjuez con mi amor by Joaquín Rodrigo performed by Nana Mouskouri)
技術点:58.22
構成点: 56.61
減点:1.00
合計:113.83

At Her Very Best
ナナ・ムスクーリ

(韓国語)

(ホームビデオ撮影)

(ホームビデオ撮影)

『朴小宴[パク・ソヨン] 韓国選手権2018 フリー演技 (解説:韓国語)』へのコメント (1件)

  • 1
    ジャガミカン  2018/01/08(月) 14:53:42  ID:e22380136

    私ならこの試合に関してはハヌルよりソヨンを上の順位にしますかね。
    ソヨンはかなりジャンプ構成を落としているのは残念ですが、その分演技構成点ではもう少し評価されても良かったかなと思います。
    ただショートもフリーもこのジャンプ構成だと、得点では厳しかった中でミスもあったので仕方ない部分がありました。
    いくつかの試合の結果で代表を決めたようで、この試合での結果だけではないので、代表落ちは仕方ない。
    ハヌルのほうがソヨンよりもジャンプもスピンも良いけど、ハヌルは今のところ絶望的に華がない。衣装とかメイクのせいなのか、無名選手の域に留まっている感じです。
    ソヨンは普通の人からすると、決して太ってはいないけど、フィギュアの選手としてはちょっとだらしなくに見えるんですよね。
    筋肉じゃなくて、脂肪があるというか、もうちょっとだけ絞れたかなと思います。
    体重管理は本当に難しいから、なんとも言えないけど、あと3キロくらい痩せてたらもっとシャープな見た目になるのかなと思いました。
    痩せないまでも体脂肪率は落としたほうが良いのかなと思いました。
    怪我に悩んだ時期もあるので、調整が難しかったりすることもあっただろうし、仕方ないですけどね。