深瀬理香子&立野在 全日本選手権2017 フリー演技 (解説:日本語)

東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された国内競技会「第86回全日本フィギュアスケート選手権大会(2017–18 Japan Figure Skating Championships)」、深瀬理香子&立野在(Rikako FUKASE / Aru TATENO)組のフリーダンス演技の動画です。


Date:2017年12月24日
曲名:ジェリー・ハーマン ミュージカル『ハロー・ドーリー!』より  (Hello, Dolly!)
技術点:44.38
構成点:38.46
合計:82.84

東京都調布市開催、第86回全日本フィギュアスケート選手権(2017年)の出場選手、日程&結果。男子シングルは宇野昌磨、女子シングルは宮原知子が優勝。*羽生結弦は右足首負傷のため欠場

『深瀬理香子&立野在 全日本選手権2017 フリー演技 (解説:日本語)』へのコメント (1件)

  • 1
    まりごっく  2017/12/30(土) 23:24:03  ID:672ad275d

    体格差が小さくて、リフトがきつそう。
    男子の身体にボリュームがないから、ふつーにスタイルのよい女子が豊満に見えてしまうが、はたちだと男子はまだ大きくなるだろうか、こーゆーところがカップル競技は難しい。
    女子は、元シングル選手らしい自分を見ろ!とゆー気迫がいまいち、美人なわりに印象が薄い。

    ハロー・ドーリー!って、映画ではバーブラ・ストレイサンド、ブロードウェイではちょうどベット・ミドラーが主役の未亡人ドーリーを演ってるが、これは年齢的に脇役カップルの方かな。
    仲良く楽しいダンスなのがいい。