セラフィマ・シャハノビッチ ロシア選手権2017 フリー演技 (解説:ロシア語)

ロシア・サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)で開催されたロシア国内競技会「2017-2018ロシアフィギュアスケート選手権大会(2018 Russian Figure Skating Championships)」、セラフィマ・シャハノビッチ (Serafima SAKHANOVICH)のフリースケーティング演技の動画です。


Date:2017年12月23日
曲名:ホアキン・ロドリーゴ 『アランフェス協奏曲』より (Concerto de Aranjuez by Joaquin Rodrigo)
技術点:65.68
構成点:64.18
合計:129.86

ロシア選手権2017の出場選手、日程、結果。女子シングル:アリーナ・ザギトワ、男子シングル:ミハイル・コリヤダ、ペア:タラソワ&モロゾフ、アイスダンスはボブロワ&ソロビエフが優勝

『セラフィマ・シャハノビッチ ロシア選手権2017 フリー演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (1件)

  • 1
    ジャガミカン  2017/12/24(日) 12:10:50  ID:51ca9592d

    前からジャンプの軸が傾いてること多かったけど、傾いても成功するようになってきましたね。
    漕いでいる部分多いなと思ったりするんですけど、彼女はスケートが良いから、そんなに気にならないですね。
    低迷した2年を経て、復活してきましたね。
    このまま順調に成長していってほしいです。