ウラジーミル・サモイロフ ロシア選手権2017 ショート演技 (解説:ロシア語)

ロシア・サンクトペテルブルク(Saint Petersburg)で開催されたロシア国内競技会「2017-2018ロシアフィギュアスケート選手権大会(2018 Russian Figure Skating Championships)」、ウラジーミル・サモイロフ(Vladimir SAMOILOV)のショートプログラム演技の動画です。


Date:2017年12月21日
曲名:ルイ・アームストロング「この素晴らしき世界」  (What a Wonderful World performed by Louis Armstrong)
技術点:47.63
構成点:37.47
合計:85.10

この素晴らしき世界
ルイ・アームストロング


ロシア選手権2017の出場選手、日程、結果。女子シングル:アリーナ・ザギトワ、男子シングル:ミハイル・コリヤダ、ペア:タラソワ&モロゾフ、アイスダンスはボブロワ&ソロビエフが優勝

『ウラジーミル・サモイロフ ロシア選手権2017 ショート演技 (解説:ロシア語)』へのコメント (2件)

  • 1
     2017/12/22(金) 04:03:37  ID:c7131f32f

    ひえ〜、ジュニアの選手なのに
    4 S、跳んですごい
    I字スピンもすごいなぁ
    ひえ〜

  • 2
    yuria  2017/12/22(金) 13:01:11  ID:35a7b226f

    プルの学校の生徒さんでしたっけ?

    うまいですよね
    ジュニアグランプリで見て、衝撃受けました。

    ほんと、I次スピンにびっくり
    男性でここまで股関節柔らかいってすごい。

    4Sも踏切と空中の軸がとても綺麗。
    3A曲がったけど、ジュニアグランプリではもっと上手く跳んでいました。
    他にも何気に難しいつなぎいっぱい入れてて、スケーティングも上手だと思う。